恐竜はどこから来たか?(恐竜進化の起源) | 恐竜化石に関するコラム【三葉虫,アンモナイト,サメの歯】

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-1171-2055(平日10:00~18:00)メール:info@kaseki7.com(24時間対応)
恐竜の起源を知っていますか?

よく知られている恐竜の最期。

今からおよそ6550万年前に、現在のユカタン半島に巨大な隕石(直径10km)が落下しました。

隕石は、直径200kmものクレーター(チチュルブ・クレーター)を造り、大火事と塵(ちり)の舞い上がりによる気温低下を引き起こします。その結果、恐竜を含む、多くの生物は絶滅しました(白亜紀末の大量絶滅)。

では、恐竜はどのような進化の過程を経て地球上に現れたのでしょうか。

このコラムでは、恐竜の進化の過程をご紹介します。

恐竜の起源
(CG制作:Hiroshi Fujita ジュラ株式会社)

上の図から分かるように、恐竜は原始的な爬虫類から進化し、誕生しました。

われわれ哺乳類とは、古生代石炭紀の末期頃、系統を別にしました。哺乳類の祖先は単弓類と呼ばれ、恐竜の祖先である双弓類よりも、大きな体をしていました(ディメトロドン等)。

中生代三畳紀に入ると、爬虫類は大発展を遂げ、たくさんのグループに分かれていきます。魚竜、首長竜、トカゲ(のちのヘビやモササウルス)、カメ、ワニ、翼竜、そして恐竜などです。

ちなみに、ヘビやモササウルスは白亜紀に入ってから現れます。ヘビは白亜紀末の大量絶滅を生き残り、モササウルスは絶滅しました。

中生代白亜紀は、爬虫類のパラダイスだった

つまり、白亜紀には、現世とは比べ物にならないほど、たくさんの爬虫類のグループが存在していたのです。

そのうち、現世で生き残っているのは、ご存知のようにトカゲやヘビ、カメ、ワニのグループだけです。

ワニは恐竜に近い存在

上の樹形図を見て分かるように、ワニは、現世に生きている爬虫類のなかで、もっとも恐竜に近い存在です。立位のとり方や活動方法などで、さまざまな違いがあるものの、ワニに感じる恐怖と魅力は、恐竜に対する情景と近いものがあるのかもしれません。

われわれ人間が爬虫類を見て怖いと思うのは・・・。もしかして・・・!?

前述しましたように、爬虫類と哺乳類は、今から3億年以上も昔に、分岐をしています。爬虫類全盛を迎える中生代には、われわれの祖先である哺乳類は不遇の時代を迎えており、小型の生物がひっそりと生息し、爬虫類のエサとなっていたのです。

今、ヘビやワニなどを見ると本能的に恐怖を感じるのは、先祖が幾度となく爬虫類から襲われた記憶が、われわれ人類にも、遺伝子レベルで受け継がれているからなのかもしれませんね。

世界中に存在する龍伝説などからも、われわれ人類が古来より爬虫類に対して、畏敬の念を抱いていたのは間違いないようです。

こちらもお読み下さい。【お役立ち】に関連したコラム

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展