アンモナイトの寿命。アンモナイトは何歳まで生きたか? | 恐竜化石に関するコラム【三葉虫,アンモナイト,サメの歯】

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-1171-2055(平日10:00~18:00)メール:info@kaseki7.com(24時間対応)
アンモナイトの寿命。アンモナイトは何歳まで生きたか?
アンモナイトはいったい何歳まで生きたのでしょうか?

アンモナイトの寿命を推測するにあたり、まず、現世の頭足類の代表の寿命を調べてみよう。

現世のオウムガイでは、おおよそ10年程度、生きると考えられています。一方、同じ頭足類のイカは1年足らずで死んでしまうものが大半です。

では、タコはどうでしょうか。タコもイカと同様、1年足らずで死を迎えるものが大半のようです。

この事実から推測すると、アンモナイトの寿命は、1年から10年である可能性が高そうです。また、同じアンモナイトでも、種によって寿命は異なったかも知れません。

先ほど、イカの寿命は1年足らずと述べましたが、巨体で知られるダイオウイカの寿命は5年という説があるそうです(生態がはっきり分かっていないため実測ではない)。

一般に大きな生物ほど寿命が長いことを考えると、最大級のアンモナイトとして知られるパラプゾシア・セッペンラデンシスなどは10年近く生きたかも知れません。数センチしか成長しないアンモナイトは1年未満だった可能性は高いことでしょう。

アンモナイトの殻の成長度合いを一定と見なし、殻から寿命を見積もった研究など様々な仮説が存在しますが、いまだ、学術的な結論を見ていません。

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展