アンモナイトはどこに棲んでいたか? | 恐竜化石に関するコラム【三葉虫,アンモナイト,サメの歯】

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-1171-2055(平日10:00~18:00)メール:info@kaseki7.com(24時間対応)
アンモナイトはどこに棲んでいたか?

アンモナイトは、古代の海のいったいどこに棲んでいたのでしょうか。

アンモナイトの化石が見つかる場所が、そのまま、アンモナイトが棲息していた場所であるとは限りませんが、似たアンモナイトの化石はまとまって発見されていることから、一つの仮説が挙げられています。

それによれば、平板状のアンモナイト、たとえばプラセンティセラス科のアンモナイトは海面直下(100m前後)に、スカフィテス科などの異常巻きアンモナイトはやや深い海(200m前後)に、デスモスセラス科、テトラゴニテス科、フィロセラス科などは比較的深い海(300m前後)に棲息していたのではないか、と考えられています。

アンモナイトのグループによって棲み分けがされていた?

この傾向は、北海道産アンモナイト、米国産アンモナイトなどに見られるとされていますが、すべてのアンモナイトに共通というわけではありません。

アカントセラス科のようにゴツく太い​肋(ろく)と厚みのある開口部を持ったアンモナイトは、比較的に深く潜行できたという仮説もあるように、殻の形状によって、ある程度、棲息場所の深さも推測できるのかもしれません。

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展