この歯化石で動き回る魚を捕食していた、首長竜、エラスモサウルス(Elasmosaurus sp.)の歯化石 海のモンスター 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-1171-2055(平日10:00~18:00)メール:info@kaseki7.com(24時間対応)

※ 販売済みのエラスモサウルスの標本はこちら

この歯化石で動き回る魚を捕食していた、首長竜、エラスモサウルス(Elasmosaurus sp.)の歯化石/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【di1103】

この歯化石で動き回る魚を捕食していた、首長竜、エラスモサウルス(Elasmosaurus sp.)の歯化石/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【di1103】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。

こちらは中生代の海を代表する海生爬虫類、首長竜エラスモサウルス(Elasmosaurus)の歯化石です。

表面を覆うエナメル質の皺の方向を確かめられるほどの保存状態。

エラスモサウルスに限らず、首長竜の歯化石は獲物を捉えやすくするため、ミドルセクションでいびつな方向に曲がっています。この歯化石は比較的真っ直ぐに伸びています。

カーブ計測で55ミリ。エラスモサウルスは成長すると10メートルを超えるかなり大型の首長竜でした。長い首を使い、高速で遊泳する魚を捕食していたと考えられています。獲物を突き刺すのに適した形をしています。魚食性の生物の歯によく見られる先端が尖った構造をしています。

極めて保存状態の良い厳選品です。

白い部分は歯根と言い、歯茎の中に埋もれていた部分です。

100円玉との比較。ご覧の通り、非常に保存状態の良いエラスモサウルスの歯化石です。

商品スペック
商品ID di1103
時代 中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)
学名 この歯化石で動き回る魚を捕食していた、首長竜、エラスモサウルス(Elasmosaurus sp.)の歯化石
産地 Morocco
サイズ ロングカーブ5.5cm
商品解説 この歯化石で動き回る魚を捕食していた、首長竜、エラスモサウルス(Elasmosaurus sp.)の歯化石

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

エラスモサウルスとは?
エラスモサウルスとは?

エラスモサウルス(Elasmosaurus)は、最もよく知られている首長竜で、中生代白亜紀後期の北アメリカに生息していた。

エラスモサウルス

エラスモサウルスとはどんな生き物?

エラスモサウルスは最大級の首長竜

首の長さは8mと首長竜の中でも極めて長く、体長は約14mに達する。首は76個の骨からできていて、自分の身体の側面まで自在に動かすことができたといわれる。

エラスモサウルスの捕食対象

長い首をヘビのように自由にくねらせ、魚やイカの仲間を捕まえていた。長い首の自由度は大変高く、胴体の横まで伸ばすことができた。

ときには、翼竜まで捕食対象としたことが明らかになっている。空から魚を狙って降りてきた翼竜を水面下で待ち受け、その長い首をムチのようにしならせ、翼竜を捕食したのでしょう。

現在にはいない、そのグロテスクさと美しさで大変有名で、海の古生物の代表的な生物の一つです。

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
三葉虫の販売
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展