保存状態抜群のペルム紀ウミツボミ(Deltablastus permicus) 化石 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-3550-1734(平日10:00~18:00) メール:info@kaseki7.com(24時間対応) お買い物ガイドはこちら

※ 販売済みの棘皮動物の標本はこちら

保存状態抜群のペルム紀ウミツボミ(Deltablastus permicus)/古生代ペルム紀(2億8900万 -- 2億5100万年前)【ot652】

保存状態抜群のペルム紀ウミツボミ(Deltablastus permicus)/古生代ペルム紀(2億8900万 -- 2億5100万年前)【ot652】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。

古生代の海に生息していたウミツボミの「ホウ」の部分の化石をご紹介します。

ホウとは根元からはえる茎と上に伸びる触手を結ぶ、いわば本体部分になります。このホウから上部に無数の触手を伸ばし、プランクトンを補食していました。ウミツボミは名前から勘違いされることが多いのですが、れっきとした動物です。

岩などの根元を固着され、ホウおよび触手を安定させるのが通常の生息パターンですが、ときに、固着を解き、回遊すると考えられています。同じ棘皮動物であるウミユリも同様に移動することで知られています。

こちらは根と連結していた部分。裏側です。

五角形をしていることに気づいたでしょうか。これは棘皮動物全般に言える特徴です。ヒトデなどが最も分かりやすい例でしょう。

非常に良好な保存状態です。ウミツボミのホウを細部まで観察することが出来ます。

ネームカード
商品スペック
商品ID ot652
時代 古生代ペルム紀(2億8900万 -- 2億5100万年前)
学名 保存状態抜群のペルム紀ウミツボミ(Deltablastus permicus)
産地 Timor
サイズ 2.2cm×2.2cm
商品解説 Deltablastus permicus
Lower Permian~Sakmarian
Sonnebait Formation

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

ウミツボミとは?

古生代シルル紀からペルム紀にかけて生息していた棘皮動物。棘皮動物とは現世では、ウニ、ヒトデ、ナマコなどがよく知られている。

ウミツボミは、本体部分であるホウに肛門と口を備え、茎のような長い固定部を地面に伸ばしていた。またホウから多数の触手を伸ばし、海中を浮遊するプランクトンを補食して食べていた。

ウミツボミ

本体部が植物のつぼみに似ていることから、ウミツボミという名前が付いたが、れっきとした動物である。

ウミツボミ

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展