鮮やかな緑色鉱物、その名は翠銅鉱(すいどうこう:Dioptase) 鉱物 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-1171-2055(平日10:00~18:00)メール:info@kaseki7.com(24時間対応)

※ 販売済みの鉱物の標本はこちら

鮮やかな緑色鉱物、その名は翠銅鉱(すいどうこう:Dioptase)/【ot564】

鮮やかな緑色鉱物、その名は翠銅鉱(すいどうこう:Dioptase)/【ot564】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。

カザフスタンが誇る鉱物、翠銅鉱(すいどうこう)をご紹介します。ディオプテーゼ(Dioptase)こと翠銅鉱は、鮮やかなグリーンが特徴的な、銅を含むケイ酸塩鉱物の一種です。

翠銅鉱は一見、エメラルドににており、発見当初の18世紀後半にロシア皇帝に献呈されているのですが、このときはエメラルドと誤認されていたほどです。

反対側。一段と濃いグリーンがみられます。

エメラルドはモース硬度(主に鉱物の硬さを表すのに使う尺度の一つ。1から10までの整数値で表します。)7.5~8に対し、翠銅鉱は5ととてもやわらかいのが特徴です。モース硬度5の硬さとは、ナイフで何とか傷をつけられる程度の硬さです。といっても、決してナイフで傷つけないでくださいね。

硬いエメラルドが宝飾品として加工されるのに適するのに対し、翠銅鉱はやわらかくあまり宝飾品としては適さないとされています。こうやって、原石のままでカザフスタンの結晶を楽しんでいただきたいと思います。

Dioptaseの名前の由来ですが、ギリシャ語で「通して」を意味する"dia"と「視覚」を意味する"optima"からきています。結晶を「通して」へき開が「見える」という意味の鉱物なのです。ちなみにへき開(へきかい)というのは、結晶や岩石の割れ方がある特定方向へ割れやすい性質のことです。

商品スペック
商品ID ot564
時代 Unknown
学名 鮮やかな緑色鉱物、その名は翠銅鉱(すいどうこう:Dioptase)
産地 Altyn-Tube mine,Kazakhstan
サイズ 6cm×6.5cm×2.5cm
商品解説 Altyn-Tube mine,Kazakhstan
銅を含むケイ酸塩鉱物の一種、

弊社で販売している標本の種名の同定について

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
三葉虫の販売
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展