なんと2体のマルチプレート!絶大な人気を誇るメソサウルスの全身骨格 化石 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-1171-2055(平日10:00~18:00)メール:info@kaseki7.com(24時間対応)

※ 販売済みのメソサウルスの標本はこちら

なんと2体のマルチプレート!絶大な人気を誇るメソサウルスの全身骨格/古生代ペルム紀(2億8900万 -- 2億5100万年前)【ot1212】

なんと2体のマルチプレート!絶大な人気を誇るメソサウルスの全身骨格/古生代ペルム紀(2億8900万 -- 2億5100万年前)【ot1212】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。

非常に希少なメソサウルスのマルチプレートです。一体でさえ希少なメソサウルスが2体並んで一つの母岩に収まっています。

メソサウルスの標本は主にブラジルから採集されますが、現在ブラジルから化石が輸出されることはありません。現在入手可能な個体は数十年前に日本や海外に輸出されたもに限られます。本標本はその一つです。そのような背景メソサウルスの玉数が限定されているので、コレクション価値は年々高まっています。

メソサウルスは、恐竜が地球上に誕生する少し前の時期である古生代ペルム紀に現れました。体長は30cmから100cm前後で、細長い顎、水かきを持った足など、水中生活に適応した体をしていました。

このメソサウルス、属名はMesosaurusと書きます。訳すると、「中間のトカゲ」となります。いったい、なんの中間なのでしょうか?まず、棲息スタイル。沼などの水辺領域で棲息し、大半は水中で過ごし、ときに陸上に上がることもあったと考えられています。次に、その分類。現在の爬虫類は両生類から進化したと考えられていますが、メソサウルスはその両方の特徴を備えていたと考えられています。メソサウルスはいったん陸棲になったあと、再び水棲に戻ったと考えられており、両生類と爬虫類のちょうど中間的な存在と考えられています(分類は爬虫類)。

メソサウルスの特徴の一つ、流線型の頭部。

水かきがあったとされる足。

細長い尾。水中でこの尾をくねらされて遊泳していたのでしょう。

2cmを超える厚みがあります。母岩は分厚くしっかりしています。

母岩は55cmほど。下側の個体は45.7cm。左側の個体は34.5cmです。写真下の赤いマーカーは10cm間隔。

裏面。実は一部に別のメソサウルスのものと思しき骨格が見えます。

それがこちら。脊椎骨の化石と推察されます。

表面の脊椎骨。近くで見ると、非常に立体的。盛り上がっています。

肋骨など細い骨も欠損していません。

メソサウルスは水中で素早く動くために、相当柔軟な体をしていたと考えられています。その割に厚い肋骨を持っていたことでも知られています。

素晴らしい保存状態。希少な状態の良いオールドコレクションです。

死に絶えた後、早い段階で泥中に埋まらなければ、このような状態で保存されることはありえません。とくに肋骨などの細い骨は、急流であればすぐに失われてしまいます。化石の出来方についてはコラム「化石ができるまで」を御覧ください。

立体的な肋骨と脊椎骨。

オリジナルの手先。水かきの存在が想像できる繊細な構造です。

ワニのような細長い頭骨を持っていました。現世のワニのカイマンのように外鼻孔のみを水面に出して呼吸をしていたと考えられています。細長い歯を多数持っており、小型の脊椎動物か、もしくはプランクトンを濾し取って栄養を摂っていたと考えられています。食性について未だはっきりしていません。

100円玉との比較。一体でさえ滅多に入手できないメソサウルスが、なんと二体も!並んだ、マルチプレート標本です。メソサウルスは、産地から新たに採集されることがない、絶大な人気を誇るコレクションの一つです。次回の入荷の時期は不明です。お早めにお求めください。

商品スペック
商品ID ot1212
時代 古生代ペルム紀(2億8900万 -- 2億5100万年前)
学名 なんと2体のマルチプレート!絶大な人気を誇るメソサウルスの全身骨格
産地 Brazil
サイズ 本体カーブ計測45.7cm 34.5cm 母岩55.5cm×24.8cm×厚2.2cm
商品解説 なんと2体のマルチプレート!絶大な人気を誇るメソサウルスの全身骨格

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

メソサウルスとは?
海へと帰っていった最初の爬虫類

メソサウルスは、恐竜が出現する前の古生代ペルム紀(2億8900万 -- 2億5100万年前)に現れました。現在では絶滅しています。

画像「メソサウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.org

爬虫類はもともと両生類から進化しましたが、両生類はその名の通り、もともとは水性でした。その後、進化の過程で陸生になりますが、メソサウルスは再び、水性に戻りました。

大陸移動説の証拠でもあるメソサウルス

上図の青色の部分がメソサウルスの化石が発掘される分布図です。

画像「メソサウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.org

化石が発見される地層は、もともと湖沼などの淡水地域だったと考えられています。それにも関わらず南アフリカと南米で発見んされます。

これは、この時代にアフリカ大陸と南アメリカ大陸が陸つづきだったこの証拠でもあります。

何を食っていた!?

メソサウルスの歯は貧弱であるため、完全な肉食とは考えにくく、水中のプランクトンを主食にしていたのではないか、と推測されています。

メソサウルスは長いアゴと比較的小さな骨格(50cm前後)をしています。鼻は頭部骨格の頂点に位置し、水の中から頭だけ出して息をしていたことが分かります。

画像「メソサウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.org

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展