菱形のウロコ模様が明瞭。最高品質。石炭紀の巨木、レピドデンドロン(Lepidodendron)の樹皮の化石 化石 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-1171-2055(平日10:00~18:00)メール:info@kaseki7.com(24時間対応)

※ 販売済みのレピドデンドロンの標本はこちら

菱形のウロコ模様が明瞭。最高品質。石炭紀の巨木、レピドデンドロン(Lepidodendron)の樹皮の化石/古生代石炭紀(3億6700万 -- 2億8900万年前)【ot1177】

菱形のウロコ模様が明瞭。最高品質。石炭紀の巨木、レピドデンドロン(Lepidodendron)の樹皮の化石/古生代石炭紀(3億6700万 -- 2億8900万年前)【ot1177】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

送料無料 税込み 29,800円 この価格で分割払いした場合は? | スマホ向けサイトはこちら

注文数 :  

紛れもなくベストクオリティ。特徴である菱形模様のウロコがびっしりと保存された、古代の巨木レピドデンドロンの樹皮の化石です。米国ペンシルバニア州産。

レピドデンドロンの樹皮の化石といえば、なんといっても、このウロコのような菱形の模様。別名を和名で鱗木(りんぼく=うろこの木)というほど、樹皮がウロコに似ています。石炭紀に大発展した植生の一つで、石炭の原料となったことで知られています。詳しくはコラム「産業革命の原動力となったのは石炭紀に大発展したあの植物」を御覧ください。

この標本の素晴らしい点は多々ありますが、保存状態の良さに続いて、ご注目頂きたいのは、大きさです。23cm×17cm×厚2cm と、手のひらと比較しても、非常に立派な化石であることがお分かりいただけることでしょう。

そして、再度強調をしたいのが、特徴の一つであるウロコ状の菱形模様がくっきりと、しかも全体に残されているという点。レピドデンドロンの樹皮は緑だったという説があります。最大に成長すると、樹高40メートルに達したとされる巨木の樹皮が緑であったことを想像すると、どこかグロテスクですね。その異質感たるや、現世には存在しない化石植物だけのことはあります。

レピドデンドロンは、リンボクの仲間に属します。現世にもリンボクの名が付いた植物は存在しますが、それとは別物。現世に直系の子孫は存在しません。

この不思議な樹皮をもつレピドデンドロンは石炭紀に大発展を遂げますが、どうやって繁殖したのでしょう。現世のメインストリームである種子植物は、この時代にはまだ少数派。レピドデンドロンをはじめとする植物は胞子で繁殖していたのです。茎の端には胞子嚢穂があり、これが破れると、胞子が飛び出し、地面に落ちると発芽します。

この時、地面が湿っていないと発芽できないので、水が豊富にある川や湖の近くでなければ、繁殖することは出来ませんでした。当時の地球は熱帯気候にあり、多くの地域で湿潤であったと考えられることから、リンボクにとって都合の良い環境であったといえるでしょう。

写真下側をスタンドに載せると、このようにバランスの良い展示ができます。しっかりと安定します。

サイズと保存状態が、非常に高次元にある、珍しい逸品です。

横幅23cm。

裏面はこのような感じです。

本当に素晴らしい、文句の付けようのない保存状態。ベストピースと言えるでしょう。

100円玉と比較すると、一層強調されるそのサイズ。レピドデンドロンの一級標本をお探しなら、本当におすすめできる高品位標本です。全体の形が良いので、展示映えします。

商品スペック
商品ID ot1177
時代 古生代石炭紀(3億6700万 -- 2億8900万年前)
学名 菱形のウロコ模様が明瞭。最高品質。石炭紀の巨木、レピドデンドロン(Lepidodendron)の樹皮の化石
産地 St.Clair, Pennsylvania, U.S.A.
サイズ 23cm×17cm×厚2cm
商品解説 菱形のウロコ模様が明瞭。最高品質。石炭紀の巨木、レピドデンドロン(Lepidodendron)の樹皮の化石

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

レピドデンドロンとは?
レピドデンドロン(Lepidodendron)とは?

主に北アメリカ・ヨーロッパで古生代石炭紀(約3億6700万~2億8900万年前)に大発展したシダ植物(ヒカゲノカズラ類)。大きいものでは40メートル以上に成長しました。

レピドデンドロン
CG制作:ジュラ株式会社

樹皮が魚の鱗(うろこ)に似ていたため、「鱗(うろこ)の木」という名前が付きました。

レピドデンドロンは、我々が恩恵をうけている石炭のもととなった植物です。別名を鱗木(りんぼく)と言い、「鱗」は訓読みで「うろこ」と読みます。

何故そんなに巨大に成長したのか?

レピドデンドロンは何と高さが40mにもなる巨大な木だったと考えられています。この木が栄えた頃の地球は、年間を通してあまり気候の変化はなく、一年中熱帯気候であったといわれています。そうすると、森林もたくさん増え、大気の中の酸素濃度も上がりました。現在は21%といわれる酸素濃度が、当時は35%もあったそうです。植物や動物が大きくなる環境が整ったのが、石炭紀でした。

これらの環境が整って、高さ40mにもなる木が存在できたと考えられています。

レピドデンドロンは二股に分かれる木として有名

レピドデンドロンは枝も根も、先端が2またに分かれて成長します。茎の端には胞子穂があり、胞子で繁殖していました。ちなみに、レピドデンドロンは木質の部分がほとんどありません。どちらかといえば、巨大な木というより巨大な草という表現が適切かもしれません。どこまでも不思議な植物ですね!

レピドデンドロンの想像図

レピドデンドロン
CG制作:ジュラ株式会社

レピドデンドロンの枝<br />
葉
CG制作:ジュラ株式会社

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
三葉虫の販売
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展