完全品!鳥脚類エドモントサウルス(Edmontosaurus)の亜成体の大腿骨。 恐竜 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-1171-2055(平日10:00~18:00)メール:info@kaseki7.com(24時間対応)

完全品!鳥脚類エドモントサウルス(Edmontosaurus)の亜成体の大腿骨。/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【di987】

完全品!鳥脚類エドモントサウルス(Edmontosaurus)の亜成体の大腿骨。/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【di987】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

送料無料 税込み 128,000円 この価格で分割払いした場合は? | スマホ向けサイトはこちら

注文数 :  

こちらは、鳥盤類恐竜、エドモントサウルスの大腿骨の化石です。

全長46cm。亜成体の化石です。欠損のない完全品です。3kgを超える立派なコレクションです。

こちらは大腿骨の化石。平たく言えば太ももです。

赤いマーカーは10cm間隔です。エドモトンサウルスは最後期の恐竜の一つです。つまり隕石の衝突によって恐竜が絶滅する直前まで生きていた恐竜です。恐竜の絶滅については、コラム「恐竜はなぜ絶滅したのか?」を御覧ください。

おそらく北米でもっともよく見ることができた恐竜だったはず。ティラノサウルス、トリケラトプスと同じ時期に生きていた恐竜です。最大で12メートル、4トンまで成長した巨漢でした。最初に発見されたのはカナダアルバータ州の地層です。首都がエドモントンに因んで、命名されました。エドモントサウルスは北米の西地域で複数体で発見されることが少なくないため、西武の沿岸地域や平野で群れをなして棲息したいと考えられます。__kaigyou__

標本の状態は大変良好です。このサイズになると、化石内部の不安定化による破損が気になるところですが、プロによるトリートメントが施され、状態が保たれています(このくらいの大型化石になるとトリートメントは必須です)。

表面の状態をご覧いただくと分かるように、ナチュラルな状態を維持できています。

骨本来のテクスチュアを残していることが分かります(肉眼でも十分に見えます)。

大腿骨

このポッコリと膨らんだ部分は破損ではありません。エドモントサウルスの大腿骨本来の形です。保存状態の良い証拠です。

このクイッと曲がっている独特の形を成しているのは、膝の内側部分。

欠損のない完全品です。圧縮を受けていない本来の形です。

エドモントサウルスの成体の大腿骨は1mを超えるものがあります。およそ半分のサイズのため、亜成体のものと推察されます。

博物館等でご覧いただくものと遜色ない状態。

エドモントサウルスはティラノサウルスのランチと言われることがあります。同時期最強の捕食者のティラノサウルス・レックスに噛みつかれた傷が残る骨が発見されているためです。特に幼体はレックスにとって格好の獲物だったに違いありません。

エドモントサウルスにとって大腿骨は、特に負担のかかる骨でした。エドモントサウルスはハドロサウルス科の他の恐竜と同様、普段は4つ足歩行を行っており、必要に応じて2足で立ち上がったと考えられています。普段ゆっくり動く時は4つ足で移動し、敵から逃げる時など緊急を要する場合にのみ、立ち上がって2足で高速移動したと考えられています。2007年のコンピュータモデル上の実験では、なんと時速45キロで走ることが出来たという結果もあります。その実験では700kgの小型のエドモントサウルスのモデルが使用されたようですが、驚くほど速く走ることができた可能性があります。また、最も高速で移動する際にはカンガルーのようにホッピングしたのではないか、という考察も出たようです。

この大腿骨は、エドモントサウルスの驚異的な運動能力を支えていた可能性がある、ということです。以前は水辺に棲息して半水棲に適していたと考えられていましたが、今では、否定されています。むしろ泳ぎは得意ではなかったという話も。

この化石の主も、この大腿骨を使って、ホップ・ステップ・ジャンプをしていたのでしょうか。それともティラノサウルス・レックスに捕まり捕食されてしまったのでしょうか。エドモンサウルスは複数体が一緒になって発見されることが多いため、群れで生活していたのはほぼ間違いないようです。同じエドモントサウルスでも、化石が発見される地域が点在することから、グループごとに社会性を持って行動していたと考えられています。現世のアフリカにおけるキリンやインパラのような存在だったのかもしれません。

100円玉との比較。亜成体とは言え、非常に大きな化石です。

エドモントサウルスの驚異的なロコモーションを支えた大腿骨の完全品です。

商品スペック
商品ID di987
時代 中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)
学名 完全品!鳥脚類エドモントサウルス(Edmontosaurus)の亜成体の大腿骨。
産地 South Dakota, USA
サイズ 幅46cm×奥行14.8cm×厚8.3cm 3315g
商品解説 完全品!鳥脚類エドモントサウルス(Edmontosaurus)の亜成体の大腿骨。

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

エドモントサウルスとは?

エドモントサウルスは白亜紀最後期に北米に反映した鳥脚類の草食恐竜です。かなり巨大で最大で13mまで成長し、現在のカモノハシのようなくちばしをもった個性的な恐竜でもあります。

エドモントの名前は、最初の固体が発見された地域であるカナダ・エドモントにちなんでのもの。

エドモントサウルスといえば、NY自然史博物館に展示されているミイラ化石。皮膚化石まで克明に残っており、恐竜を解明する上で大きな貢献を果たした。最初のエドモントサウルスは、1908年著名な化石コレクター チャールズ・スタンバーグ (Charles Sternberg) によってワイオミング州で発見されました。皮膚はいくらかの筋肉と共にほぼ完全な形で保存されています。

画像「エドモントサウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展