小さいけれど大きなロマン!ティラノサウルスのランチの二つ名で知られるエドモントサウルスの骨の欠片の化石。断面あり 恐竜 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-3550-1734(平日10:00~18:00)メール:info@kaseki7.com(24時間対応) お買い物ガイドはこちら

※ 販売済みのエドモントサウルスの標本はこちら

小さいけれど大きなロマン!ティラノサウルスのランチの二つ名で知られるエドモントサウルスの骨の欠片の化石。断面あり/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【di1337】

小さいけれど大きなロマン!ティラノサウルスのランチの二つ名で知られるエドモントサウルスの骨の欠片の化石。断面あり/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【di1337】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。

非常に小さいけれど夢のある化石をご紹介しましょう。こちらはティラノサウルスのランチの二つ名を持つ、エドモントサウルスの骨の化石です。エドモントサウルスの骨が多数採集されるボーンベッド周辺で見つかったものと推察されます。ボーンベッドについてはコラム”恐竜の墓場「ボーンベッド」とは?”を御覧ください。

骨の化石の内部の構造をのぞくことができます。幾層にも重なっていることが分かります。

4センチ程度と決して大きくはない欠片ですが、表面のディティールも保存されています。

ぜひルーペで御覧ください。骨に残存した細かな模様をご覧いただけます。2-3倍のルーペで問題ありません。虫眼鏡で十分でしょう。

冒頭でも述べましたが、エドモントサウルスはティラノサウルスのランチという二つ名を持っています。彼らからすると決して名誉ではないニックネームですね。これはティラノサウルスがよく襲った生物とされているためです。現世のライオンとレイヨウのような関係だったのでしょうか。エドモントサウルスはその強靭な足で長距離を走ることができたと言われています。ティラノサウルスの一の矢をかわせば大多数は逃げっていたのでしょう。

100円玉との比較。小さな化石に大きなロマンが詰まっている。

商品スペック
商品ID di1337
時代 中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)
学名 小さいけれど大きなロマン!ティラノサウルスのランチの二つ名で知られるエドモントサウルスの骨の欠片の化石。断面あり
産地 アメリカ・ヘルクリーク累層
サイズ 4cm×2.4cm×厚0.8cm 
商品解説 小さいけれど大きなロマン!ティラノサウルスのランチの二つ名で知られるエドモントサウルスの骨の欠片の化石。断面あり

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

エドモントサウルスとは?

エドモントサウルスは白亜紀最後期に北米に反映した鳥脚類の草食恐竜です。かなり巨大で最大で13mまで成長し、現在のカモノハシのようなくちばしをもった個性的な恐竜でもあります。

エドモントの名前は、最初の固体が発見された地域であるカナダ・エドモントにちなんでのもの。

エドモントサウルスといえば、NY自然史博物館に展示されているミイラ化石。皮膚化石まで克明に残っており、恐竜を解明する上で大きな貢献を果たした。最初のエドモントサウルスは、1908年著名な化石コレクター チャールズ・スタンバーグ (Charles Sternberg) によってワイオミング州で発見されました。皮膚はいくらかの筋肉と共にほぼ完全な形で保存されています。

画像「エドモントサウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展