白亜紀の北アフリカの雄、鋭い歯先と厚みを兼ね備えた立派なカルカロドントサウルスの化石 恐竜 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ 恐竜 レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-3550-1734(平日10:00~18:00) メール:info@kaseki7.com(24時間対応) お買い物ガイドはこちら

白亜紀の北アフリカの雄、鋭い歯先と厚みを兼ね備えた立派なカルカロドントサウルスの化石/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【di1250】

白亜紀の北アフリカの雄、鋭い歯先と厚みを兼ね備えた立派なカルカロドントサウルスの化石/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【di1250】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。
白亜紀の北アフリカの雄、鋭い歯先と厚みを兼ね備えた立派なカルカロドントサウルスの化石(その1)

こちらは白亜紀の北アフリカでスピノサウルスとともに食物連鎖の頂点に君臨していた、カルカロドントサウルスの歯化石です。両者は同時代、同地域に棲息していましたが、餌場を分け合っていて、直接、対決することはめったになかったと考えられています。現世のライオンとトラがサバンナとジャングルで棲み分けているのと同じような状況だったのでしょうか。

白亜紀の北アフリカの雄、鋭い歯先と厚みを兼ね備えた立派なカルカロドントサウルスの化石(その2)

カルカロドントサウルスは北米のティラノサウルス・レックス、北アフリカのスピノサウルス、南米のギガノトサウルスらに並び、史上最大級の体躯を誇る動物食恐竜として知られています。成体になれば体長は13メートルを超えたとされています。カルカロドントサウルスの歯化石はステーキナイフに例えられるように、非常に鋭い稜線を持ち、獲物の肉を切り裂くのに適していました。

白亜紀の北アフリカの雄、鋭い歯先と厚みを兼ね備えた立派なカルカロドントサウルスの化石(その3)

こちらの歯化石はそのカルカロドントサウルスの歯化石の一般的な特徴とはやや離れていて、かなり厚みがあります。ステーキナイフというより鈍器といった印象。

白亜紀の北アフリカの雄、鋭い歯先と厚みを兼ね備えた立派なカルカロドントサウルスの化石(その4)

迫力のある色。

白亜紀の北アフリカの雄、鋭い歯先と厚みを兼ね備えた立派なカルカロドントサウルスの化石(その5)

ロングカーブ計測で52ミリとかなりのサイズがあります。

白亜紀の北アフリカの雄、鋭い歯先と厚みを兼ね備えた立派なカルカロドントサウルスの化石(その6)

根本は大きく膨らみ、ミドルセクションの厚みはかなりのもの。

白亜紀の北アフリカの雄、鋭い歯先と厚みを兼ね備えた立派なカルカロドントサウルスの化石(その7)

根本から撮影。カルカロドントサウルスの一般的な歯化石よりも一回り厚い感じ。恐竜の歯化石は生える場所によって形が変わります。いわゆるポイントツゥース(犬歯)に近い部分の歯化石なのかもしれません。

白亜紀の北アフリカの雄、鋭い歯先と厚みを兼ね備えた立派なカルカロドントサウルスの化石(その8)

100円玉との比較。正面から見ても厚みを感じさせる立派な歯化石です。

ネームカード
ミニケース

商品スペック

商品ID di1250
商品ID 中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)
学名 白亜紀の北アフリカの雄、鋭い歯先と厚みを兼ね備えた立派なカルカロドントサウルスの化石
産地 Morocco
サイズ ロングカーブ計測5.2cm
商品解説 白亜紀の北アフリカの雄、鋭い歯先と厚みを兼ね備えた立派なカルカロドントサウルスの化石

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

カルカロドントサウルスとは?

ティラノの地位をおびやかす最強説

カルカロドントサウルスは古生物学者ポール・セレノにより、1996年に発見されました。カルカロドントサウルスが発見されるまでは、最強の恐竜は、T-rexで決まりでしたが、カルカロドントサウルスの発見によって、その地位が揺るぎ始めました。

事実、発見された頭部から推測されるには、カルカロドントサウルスはT-rexよりも大きく、全長15m近くまで成長し、体重は7tにも及びました。

カルカロドントサウルス

画像「カルカロドントサウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.org

この驚くべきサイズにより、カルカロドントサウルスはアフリカのティラノサウルスの意味で、アフリカンT-rexの別名があります。仮に、カルカロドントサウルスのほうがT-rexより先に発見されていれば、T-rexこそが、アメリカンカルカロドントとでも呼ばれていたのでしょうか。

科学者らの研究によれば、少なくとも時速30kmで走り、アフリカの大地の覇権を完全に手中に収めていたと考えられています。

名前の由来

まさにこの鋭い歯が現生のホオジロザメ(カルカロドン)に酷似していたことから、ホオジロザメのようなトカゲという意味で付けられました。

カルカロドントサウルス

画像「カルカロドントサウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.org

歯の特徴

カルカロドントサウルスの歯は特徴的で、断面が平面状かつ、薄めであり、逆に幅が非常に広いため、骨を砕いて捕食すると言うよりは、骨から肉をそぎとっていたとされる。日本刀の切れ味ごとく肉を切り落とし、優雅にハントしていたのかもしれません。

前肢(まえあし)

T-rexは巨大な脚に対して、ひ弱な前肢が有名ですが、カルカロドントサウルスの前肢は、それとは異なり、かなり頑丈であったとされる。前肢を使って、相手の動きを止め、鋭い歯で噛み付き、出血死させていたことでしょう。くわばらくわばら。

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展