デルタドロメウスの後肢の爪とされる化石。スピノサウルスやカルカロドントサウルスである可能性も! 恐竜 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-1171-2055(平日10:00~18:00)メール:info@kaseki7.com(24時間対応)

※ 販売済みのデルタドロメウスの標本はこちら

デルタドロメウスの後肢の爪とされる化石。スピノサウルスやカルカロドントサウルスである可能性も!/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【di1084】

デルタドロメウスの後肢の爪とされる化石。スピノサウルスやカルカロドントサウルスである可能性も!/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【di1084】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。

こちらは白亜紀のアフリカ大陸に棲息していたとされる大型肉食恐竜デルタドロメウスの後肢の爪とされる化石です。しかし、デルタドロメウスは頭骨さえ見つかっていない謎多き恐竜です。同時期、同地域に棲息していたあのスピノサウルスやカルカロドントサウルスのものであることを否定する材料はありません。

デルタドロメウスは最大で8メートルに達する大型の肉食恐竜ですが比較的細身のため、非常に俊足であったと考えられています。前述のようにデルタドロメウスは実に謎の多い恐竜で、未だ解明されていない点が多くあります。そもそもデルタドロメウス属が探検家で古生物学者のポール・セレノ氏によって記載されたのは、わずか20年ほど前の1996年のことです。

こちらの化石には爪だけでなく指骨の化石がついています。色が異なるのは、採集された場所が物理的に多少離れているためと考えられます(化石は骨が整然と並んだ状態で見つかるケースばかりではありません)。

デルタドロメウスの爪化石とされるこの標本ですが、他属を検討する余地が残されているように思われます。繰り返しになりますが、この地域には、スピノサウルスやカルカロドントサウルスといった、史上最大級の動物食恐竜が棲息していました。ハンティング対象となった獲物が異なるため、デルタドロメウスが両者と争うことは少なかったと考えられているようです。

この標本のサイズにご注目下さい。爪部分だけでカーブ計測にて10.7センチもあります。立派な成体のデルタドロメウスの爪であれば可能性のあるサイズではありますが、スピノサウルス、カルカロドントサウルスがカバーする範囲でもあります。爪の湾曲がそれらと比較してやや鋭い傾向にあると感じられるものの、化石の形を見る時には堆積時の圧力等による歪を考慮しなくてはいけません。

ご覧の通り、実に大きく立派な化石です。

爪の形状や厚み、指の形状からいって後肢であることは疑いようがありません。

トップチップにやや修繕が見られるものの血抜き溝が残った極上の保存状態。

そしてこの厚み。

デルタドロメウスは未だ頭骨が発見されていない、あまりにも謎多き恐竜です。この化石がデルタドロメウスのものであると断定するに足りる確たる根拠はないと考えるのが妥当でしょう。

いずれにしても、あまりにも巨大な爪の化石です。前述したようにスピノサウルスやカルカロドントサウルスといった史上最大級の獣脚類恐竜のものに匹敵するサイズと言ってよいほどです。

あらゆる角度から撮影しましたので、じっくりご覧ください。

これから研究が進み、三者の違いが明らかになっていくのではないかと期待しています。

100円玉との比較。いかがだったでしょうか?未だ研究が進む白亜紀のアフリカの雄々しい恐竜たちの巨大な爪化石です。

商品スペック
商品ID di1084
時代 中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)
学名 デルタドロメウスの後肢の爪とされる化石。スピノサウルスやカルカロドントサウルスである可能性も!
産地 Taouz, Morocco
サイズ 爪部分(ロングカーブ計測)10.7cm / 指骨含め全体の直線距離 約17.5cm
商品解説 デルタドロメウスの後肢の爪とされる化石。スピノサウルスやカルカロドントサウルスである可能性も!

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

デルタドロメウスとは?

大型肉食なのに俊足!アウリカ大陸を駆け抜けたハンターの天才

足の速い大型肉食恐竜!?

白亜紀後期の北西アフリカに生息していたコエルロサウルス類の大型肉食恐竜。全長は8m程度で、大きさの割には細身で軽量、さらに手も長かった。その容姿から足が速かったと思われる。それにちなみ「三角州の疾走者」という名がつきました。

カルカロドントサウルスのわきを猛スピードで走り去るデルタドロメウス

画像「デルタドロメウス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.org

川辺でダッシュ!?

かつて川だった場所からたくさんの足跡化石が発見されているため川辺を拠点に生息していたと考えられています。

ともすると、エサとなる草食恐竜よりも足が早かったため、エサの確保は超簡単!!

しかも食事中に強敵カルカロドントサウルスが襲ってきても、早めに察知、俊足を活かしてスタコラサッサと逃げていた!ある意味最強のハンター。

画像「デルタドロメウス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.org

ステーキナイフのような歯

セレーションが発達していて薄い歯なので、ティラノサウルスのような骨を砕く食事ではなく、カルカロドントサウルスのように肉を削ぎとって食事をしていたようです。

画像「デルタドロメウス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.org

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
三葉虫の販売
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展