二本木コレクション、極上のハウエリセラス・アングスタム(Haiericeras angustum) アンモナイト 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-3550-1734(平日10:00~18:00) メール:info@kaseki7.com(24時間対応) お買い物ガイドはこちら

※ 販売済みの二本木認定コレクションの標本はこちら

二本木コレクション、極上のハウエリセラス・アングスタム(Haiericeras angustum)/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【an829】

二本木コレクション、極上のハウエリセラス・アングスタム(Haiericeras angustum)/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【an829】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。

大好評の二本木コレクションから、レア標本、ハウエリセラス・アングスタムの登場です。書籍「わたくしとアンモナイト」の3ページ中段右のあの標本がこちらです。書籍では、アンモナイト本体のみが掲載されていますが、今回は、ぴったりと合う土台付きです。

直径11cmある。ハウエリセラスとしてはかなり立派なサイズ。しかも、全体の形が綺麗に残されている。さらに、メノウ化している。ハウエリセラスとしては極上の品と申し上げて差し支えありません。

メノウ化されたシェルには、美しい縫合線がいくつかも確認できる極上品である。

ここまで保存状態の良いハウエリセラスはなかなかありません。二本木コレクションならでは、といえるでしょう。

ハウエリセラスの特徴といえば、この薄さ。

完全に合致する土台との相性は抜群。

このようにまるで、ハウエリセラスの枕のように安定します。

ハウエリセラスは平巻き型であるものの、他のアンモナイトとは明らかに異なる味わいです。とにかく薄い!

土台ではありますが、印象化石と言えるほどです。こちらも二本木コレクションとしてセットでお付け致します。

分離して楽しむこともできます。ハウエリセラスで、このサイズ、この保存状態。

裏面の保存状態も申し分ありません。巡検メモあり。

こちらが巡検メモです。種名の記載があります。

圧縮されているわけではなく、本来の厚みがこの程度。

かなり広範囲にメノウ化されており、素晴らしい味わいです。

写真でじっくり堪能してください。

勿論この化石の土台も付いてきます。

本標本は書籍「私のアンモナイト物語・録」は48ページ下段に、書籍「 わたくしとアンモナイト」では3ページ右、中段にカラー掲載されている逸品です。二本木コレクションならではの極上のハウエリセラスです。この先しっかり保存して頂ける方にご購入頂ければ幸いです。

ネームカード
高級カード
商品スペック
商品ID an829
時代 中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)
学名 二本木コレクション、極上のハウエリセラス・アングスタム(Haiericeras angustum)
産地 北海道 日本
サイズ 本体直径11.3cm 厚1.8cm
商品解説 白亜紀セノマニアン期~サントニアン期
天塩中川

著書掲載ページ
「私のアンモナイト物語・録」48ページ下段
「わたくしとアンモナイト」3ページ右、中段にカラー掲載

薄いハウエリセラスであるのに、両面のヘソがクリーニングされている点が特徴です。加えて、個体がメノウ化しており、直径11センチオーバー標本という点で、非常に希少性が高い標本です。

架台も二本木コレクションオリジナルです。(羽幌 昭和58.8.4)

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

アンモナイトとは?
名前の由来

古代エジプトの太陽神アモンが持つ螺旋状に巻いた羊のツノににていたことから、アモンのツノという意味のアンモナイトになった。

画像「アンモナイト」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

食性

口や歯の形などから肉食で、小さな甲殻類や貝などを食べていたと思われる。

サイズ

数cm~十数cm程度の化石が多いものの、直径2.5mのものもあった(イギリス)。

どんな生き物?

カタツムリの一種ではありません!実は、イカやタコの仲間。デボン紀から白亜紀まで栄え、恐竜と共に絶滅。

画像「アンモナイト」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

北海道でよく獲れる理由

北海道が世界的にも有名な理由はノジュール(団塊)にあります。ノジュールとは、炭酸カルシウムを主成分とした硬い岩石の塊です。北海道産のアンモナイトは、多くの場合このノジュールに守られ、浸食を受けずほぼ完全な殻のままで保存されています。

生態

殻の内部は規則正しく仕切られ、もっとも出口に近い部屋に体が収まる。それより奥は空洞でガスが入っており、浮力を調節。

アンモナイトの基本構造

アンモナイトの基本構造

かたち”から学ぶ、アンモナイトのなかまたち

”かたち”から学ぶ、アンモナイトのなかまたち

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展