アンモナイトの内部構造がまるわかり!コレクション品として完成されたアンモナイトスライス標本(Ammonite) アンモナイト 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ 恐竜 レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-3550-1734(平日10:00~18:00) メール:info@kaseki7.com(24時間対応) お買い物ガイドはこちら

アンモナイトの内部構造がまるわかり!コレクション品として完成されたアンモナイトスライス標本(Ammonite)/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【an747】

アンモナイトの内部構造がまるわかり!コレクション品として完成されたアンモナイトスライス標本(Ammonite)/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【an747】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。
アンモナイトの内部構造がまるわかり!コレクション品として完成されたアンモナイトスライス標本(Ammonite)(その1)

化石でありながらアートともいえそうな、アンモナイトのカット標本をご紹介します。直径は12.5センチ。目の覚めるようなコントラストです。

アンモナイトの内部構造がまるわかり!コレクション品として完成されたアンモナイトスライス標本(Ammonite)(その2)

こちらは一つのアンモナイトをちょうど半分にカットして、化石化した気房の中身が見える標本です。浮力を担うアンモナイト内部小部屋が、このような美しい模様を見出します。

アンモナイトの内部構造がまるわかり!コレクション品として完成されたアンモナイトスライス標本(Ammonite)(その3)

2枚が1セットです。2つを重ねるとぴったり合わさる、ペア標本です。

アンモナイトの内部構造がまるわかり!コレクション品として完成されたアンモナイトスライス標本(Ammonite)(その4)

こちらの面がメインなのですが、実は、本標本裏側もすごいのです。

アンモナイトの内部構造がまるわかり!コレクション品として完成されたアンモナイトスライス標本(Ammonite)(その5)
アンモナイトの内部構造がまるわかり!コレクション品として完成されたアンモナイトスライス標本(Ammonite)(その6)

何と、グリーンや赤など、光の筋が!一部イリデッセンスありなのです。

アンモナイトの内部構造がまるわかり!コレクション品として完成されたアンモナイトスライス標本(Ammonite)(その7)
アンモナイトの内部構造がまるわかり!コレクション品として完成されたアンモナイトスライス標本(Ammonite)(その8)
アンモナイトの内部構造がまるわかり!コレクション品として完成されたアンモナイトスライス標本(Ammonite)(その9)

もう1つの標本も遊色が見られます。さらに、縫合線も一部確認できます。一つの標本で、何倍も楽しめます。

アンモナイトの内部構造がまるわかり!コレクション品として完成されたアンモナイトスライス標本(Ammonite)(その10)
アンモナイトの内部構造がまるわかり!コレクション品として完成されたアンモナイトスライス標本(Ammonite)(その11)
アンモナイトの内部構造がまるわかり!コレクション品として完成されたアンモナイトスライス標本(Ammonite)(その12)

隔壁の波模様はS字カーブして、気房を仕切っています。白いラインが際立っていますね。

アンモナイトの内部構造がまるわかり!コレクション品として完成されたアンモナイトスライス標本(Ammonite)(その13)

殻表面に接するとことで折れ曲がる縫合線。ご覧のように複雑です。菊の葉に見えるこの縫合線模様にちなんで、アンモナイトは別名『菊石』ともよばれます。

アンモナイトの内部構造がまるわかり!コレクション品として完成されたアンモナイトスライス標本(Ammonite)(その14)
アンモナイトの内部構造がまるわかり!コレクション品として完成されたアンモナイトスライス標本(Ammonite)(その15)

スライス標本でここまで反対側が遊色するものも珍しいですね。というのも、通常ハーフカット標本は内部が見られる面を展示するのが常なので、裏側(殻表面)にイリデッセンスがあるというのはかなり贅沢で稀なのです。

アンモナイトの内部構造がまるわかり!コレクション品として完成されたアンモナイトスライス標本(Ammonite)(その16)

このあたり殻が丸みを帯びています。なかなかの厚みを感じられると思いますが、ご推察の通り、しっかりとした厚みを有しています。2枚を合わせて殻口部を測ると、ちょうど3センチの厚みがありました。

アンモナイトの内部構造がまるわかり!コレクション品として完成されたアンモナイトスライス標本(Ammonite)(その17)

左右対称ペアで横並べに飾ると、幅25センチのダイナミック標本に。本標本においては片方をイリデッセンスが見られる裏面にして展示しても、素敵です。

ネームカード
スタンド
高級カード

商品スペック

商品ID an747
商品ID 中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)
学名 アンモナイトの内部構造がまるわかり!コレクション品として完成されたアンモナイトスライス標本(Ammonite)
産地 Madagascar
サイズ 直径12.5cm 468g
商品解説 アンモナイトの中の構造が丸わかりのスライス標本です。
一部、メノウ化しており、コントラストの強いカラーが印象的な標本。
殻表面はイリデッセンスする点が本標本の特徴で、大変贅沢な秀逸標本です。

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

アンモナイトとは?

名前の由来

古代エジプトの太陽神アモンが持つ螺旋状に巻いた羊のツノににていたことから、アモンのツノという意味のアンモナイトになった。

アンモナイト

画像「アンモナイト」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

食性

口や歯の形などから肉食で、小さな甲殻類や貝などを食べていたと思われる。

サイズ

数cm~十数cm程度の化石が多いものの、直径2.5mのものもあった(イギリス)。

どんな生き物?

カタツムリの一種ではありません!実は、イカやタコの仲間。デボン紀から白亜紀まで栄え、恐竜と共に絶滅。

アンモナイト

画像「アンモナイト」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

北海道でよく獲れる理由

北海道が世界的にも有名な理由はノジュール(団塊)にあります。ノジュールとは、炭酸カルシウムを主成分とした硬い岩石の塊です。北海道産のアンモナイトは、多くの場合このノジュールに守られ、浸食を受けずほぼ完全な殻のままで保存されています。

生態

殻の内部は規則正しく仕切られ、もっとも出口に近い部屋に体が収まる。それより奥は空洞でガスが入っており、浮力を調節。

アンモナイトの基本構造

アンモナイトの基本構造

かたち”から学ぶ、アンモナイトのなかまたち

かたちから学ぶ、アンモナイトのなかまたち

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展