ギラギラと鋭く輝く、個性的な味わいを持つ、非常に良質の遊色アンモナイト、クレオニセラス(Cleoniceras) アンモナイト 販売

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ 恐竜 レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-3550-1734(平日10:00~18:00) メール:info@kaseki7.com(24時間対応) お買い物ガイドはこちら

ギラギラと鋭く輝く、個性的な味わいを持つ、非常に良質の遊色アンモナイト、クレオニセラス(Cleoniceras)/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【an1709】

ギラギラと鋭く輝く、個性的な味わいを持つ、非常に良質の遊色アンモナイト、クレオニセラス(Cleoniceras)/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【an1709】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。
ギラギラと鋭く輝く、個性的な味わいを持つ、非常に良質の遊色アンモナイト、クレオニセラス(Cleoniceras)(その1)

キラキラしたものは、いつ見ても美しいですよね。こちらはマダガスカル産の遊色アンモナイト、クレオニセラスです。遊色というのはなかなか説明が難しい現象です。実際に、ご覧になると「ああ、これが遊色か」と気づく人も多いでしょう。アンモナイトの殻だけに起こる現象ではなく、身近な生活のなかにも遊色は散見されます。たとえば、カキの殻の内側が七色に光っているのを見たことはありませんか。カキ以外にも貝類の殻にはよく見られます。あるいは、シャボン玉が日に照らされて七色に光っていることがありますよね。あれも遊色です。簡単にはごく薄い層構造に対して、日光などが入ってきた場合、それらを各色に分けて反射する(分光する)現象と理解すると分かりやすいかも知れません。われわれが色と考えているものは、ものから目に届いた光であり、光が波長により見える色が異なります。見える光を可視光線といいますが、その中でも最も波長が短いものが紫、長いものを赤と言います。可視光線の範囲を超えて、人間の目では見えなくなったもので、紫より波長が短いものを紫外線(むらさきより外側の光という意味)、赤よりも波長が長いものを赤外線(赤よりも外側の光)と表現します。紫外線よりもっともっと波長が短くなるとエックス線やガンマ線などと云われます。一定程度より短い波長の光を長時間浴びると危険なのはご存知のとおりです。可視光線(紫から赤まで)の場合は、何ら危険性はありません。

ギラギラと鋭く輝く、個性的な味わいを持つ、非常に良質の遊色アンモナイト、クレオニセラス(Cleoniceras)(その2)

さて、話が脱線しましたが、こちらのマダガスカル産のアンモナイト、クレオニセラスの殻の表面にはアラゴナイトと呼ばれる物質が薄く保存されています。その層が外光を分光し、様々な色を呈します。

ギラギラと鋭く輝く、個性的な味わいを持つ、非常に良質の遊色アンモナイト、クレオニセラス(Cleoniceras)(その3)

波打つように肋(ろく)に沿って遊色する様が美しい。肋(ろく)とは本来アバラ骨を表す言葉で、アンモナイトの殻に断続的刻まれた脈のことで、アンモナイトの種類によって異なります。クレオニセラスは燃えるエフェクトのような波打つ線のようになります。

ギラギラと鋭く輝く、個性的な味わいを持つ、非常に良質の遊色アンモナイト、クレオニセラス(Cleoniceras)(その4)

赤や朱だけでなく、エメラルドグリーンなどの寒色も呈します。爽やかな印象です。

ギラギラと鋭く輝く、個性的な味わいを持つ、非常に良質の遊色アンモナイト、クレオニセラス(Cleoniceras)(その5)

クレオニセラスは最後の一巻きが大きい、いわゆる密巻きタイプです。ゆえに、遊色が起こるスペースが大きく、派手な見た目になります。アンモナイトの巻き方も種類によってさまざまです。アンモナイトをご覧になるときは、まず巻き方に注目してみてください。

ギラギラと鋭く輝く、個性的な味わいを持つ、非常に良質の遊色アンモナイト、クレオニセラス(Cleoniceras)(その6)

赤と緑が同時に見られる角度。

ギラギラと鋭く輝く、個性的な味わいを持つ、非常に良質の遊色アンモナイト、クレオニセラス(Cleoniceras)(その7)

万華鏡のような味わい。このカオス感がたまらない。手に持って少し動かすと、ギラギラと光が動きます。

ギラギラと鋭く輝く、個性的な味わいを持つ、非常に良質の遊色アンモナイト、クレオニセラス(Cleoniceras)(その8)

遊色アンモナイトの面白いところは見る角度によって光が変わるところ。こうして、縁部から見ると、大きく色が変わる場合があります。

ギラギラと鋭く輝く、個性的な味わいを持つ、非常に良質の遊色アンモナイト、クレオニセラス(Cleoniceras)(その9)

また、照射される光によっても味わいが異なります。蛍光灯で見たときと太陽光で見たときで、色合いが変化します。分光が遊色の原理だと申し上げましたが、もともとの外光が変化すれば、分光される結果も変わる、という仕組みです。

ギラギラと鋭く輝く、個性的な味わいを持つ、非常に良質の遊色アンモナイト、クレオニセラス(Cleoniceras)(その10)

細い光のライン。

ギラギラと鋭く輝く、個性的な味わいを持つ、非常に良質の遊色アンモナイト、クレオニセラス(Cleoniceras)(その11)

こちらは蛍光灯のもとで撮影したもの。

ギラギラと鋭く輝く、個性的な味わいを持つ、非常に良質の遊色アンモナイト、クレオニセラス(Cleoniceras)(その12)

そして、こちらが太陽光に直接さらして撮影したもの。色の濃さや深みに大きな変化があったことがお分かりでしょうか。

ギラギラと鋭く輝く、個性的な味わいを持つ、非常に良質の遊色アンモナイト、クレオニセラス(Cleoniceras)(その13)

こちらも太陽光下。同じものとは思えないですよね。舞台が変われば役者が違ってみえる。

ギラギラと鋭く輝く、個性的な味わいを持つ、非常に良質の遊色アンモナイト、クレオニセラス(Cleoniceras)(その14)

100円玉との比較。非常に美しい遊色が備わったマダガスカル産のクレオニセラスの化石です。遊色アンモナイトを多数お持ちの方でも、なお楽しめるポテンシャルを持った個性的な標本です。

ネームカード
ガラス窓高級保存ケース

商品スペック

商品ID an1709
年代 中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)
学名 ギラギラと鋭く輝く、個性的な味わいを持つ、非常に良質の遊色アンモナイト、クレオニセラス(Cleoniceras)
産地 Madagascar
サイズ 直径5.3cm 厚1.5cm
商品解説 ギラギラと鋭く輝く、個性的な味わいを持つ、非常に良質の遊色アンモナイト、クレオニセラス(Cleoniceras)

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

アンモナイトとは?

名前の由来

古代エジプトの太陽神アモンが持つ螺旋状に巻いた羊のツノににていたことから、アモンのツノという意味のアンモナイトになった。

アンモナイト

画像「アンモナイト」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

食性

口や歯の形などから肉食で、小さな甲殻類や貝などを食べていたと思われる。

サイズ

数cm~十数cm程度の化石が多いものの、直径2.5mのものもあった(イギリス)。

どんな生き物?

カタツムリの一種ではありません!実は、イカやタコの仲間。デボン紀から白亜紀まで栄え、恐竜と共に絶滅。

アンモナイト

画像「アンモナイト」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

北海道でよく獲れる理由

北海道が世界的にも有名な理由はノジュール(団塊)にあります。ノジュールとは、炭酸カルシウムを主成分とした硬い岩石の塊です。北海道産のアンモナイトは、多くの場合このノジュールに守られ、浸食を受けずほぼ完全な殻のままで保存されています。

生態

殻の内部は規則正しく仕切られ、もっとも出口に近い部屋に体が収まる。それより奥は空洞でガスが入っており、浮力を調節。

アンモナイトの基本構造

アンモナイトの基本構造

かたち”から学ぶ、アンモナイトのなかまたち

かたちから学ぶ、アンモナイトのなかまたち

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展