300グラムオーバーの立派なオウムガイ(Nautilus)の殻の化石。恐竜時代の海を遊泳していた生物の化石です。 アンモナイト 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-3550-1734(平日10:00~18:00)メール:info@kaseki7.com(24時間対応)

※ 販売済みのオウムガイの標本はこちら

300グラムオーバーの立派なオウムガイ(Nautilus)の殻の化石。恐竜時代の海を遊泳していた生物の化石です。/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【an1706】

300グラムオーバーの立派なオウムガイ(Nautilus)の殻の化石。恐竜時代の海を遊泳していた生物の化石です。/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【an1706】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

ご入金の確認が完了したご注文は即日発送
送料無料 税込み 9,800円
 この価格で分割払いした場合は? | スマホ向けサイトはこちら

注文数 :  

こちらは白亜紀のオウムガイの化石です。化石にあまり詳しくな人にとってアンモナイトとオウムガイを見分けるのは難しいかも知れません。しかしなれてくると、秒で判断できます。

オウムガイは現世にも存在する、「生きた化石」の代表格です。頭足類の進化についてはコラム「かたちから学ぶアンモナイトの仲間たち」を御覧ください。オウムガイは古生代デボン紀に登場し、ペルム紀の大絶滅、白亜紀の大絶滅を乗り越え、現世でもなお存在している、息の長い生物です。見た目の特徴としては、まず、異様に巨大な開口部が挙げられます。いくら厚みのあるアンモナイトでも、コレほど大きな開口部を持ったグループはいません。オウムガイは異なる種であっても、これと似たような大きな開口部を持っています。

そして、縫合線が驚くほどシンプルです。ゴニアタイトよりもさらにシンプルです。しかも、縫合線が開口部に向かって反対側を向いています。言葉ではお伝えしづらいので、イラストを御覧ください。コラム「化石からアンモナイトとオウムガイを見分ける方法」。

ここから見ると、「いったいなんの生物の化石?」と思うほど。

開口部から見ても、なんの生物か分からないかも知れません。開口部の中央に穴の痕跡があるのがお分かりでしょうか。これは連室細管の痕です。オウムガイの殻の内部はいくつかの部屋に分かれていますが、それらを貫いているのが、この連室細管です。タワマンのエレベーターのような存在です。この連室細管を通じて、各部屋にガスや海水を注入し、浮力をコントロールしていたと考えられています。アンモナイトも連室細管を有していますが、位置が異なるため、両者を見分ける大きな手がかりとなります。アンモナイトの連室細管は殻の腹側、上の写真で言えば下側を通っています。ゆえに摩耗して見えないこともあります。

両面ともに同程度の保存状態です。

連室細管の痕がはっきりと見えます。

さらにアップで。

表面は研磨されていて光沢が備わっています。

100円玊との比較。

直径最大部86ミリですが、厚みがあるため、実物は数値以上に大きく感じられるはずです。300グラムオーバの立派な化石です。

商品スペック
商品ID an1706
時代 中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)
学名 300グラムオーバーの立派なオウムガイ(Nautilus)の殻の化石。恐竜時代の海を遊泳していた生物の化石です。
産地 Madagascar
サイズ 本体直径8.6cm 厚5.6cm 312g
商品解説 300グラムオーバーの立派なオウムガイ(Nautilus)の殻の化石。恐竜時代の海を遊泳していた生物の化石です。

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

アンモナイトとは?
名前の由来

古代エジプトの太陽神アモンが持つ螺旋状に巻いた羊のツノににていたことから、アモンのツノという意味のアンモナイトになった。

画像「アンモナイト」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

食性

口や歯の形などから肉食で、小さな甲殻類や貝などを食べていたと思われる。

サイズ

数cm~十数cm程度の化石が多いものの、直径2.5mのものもあった(イギリス)。

どんな生き物?

カタツムリの一種ではありません!実は、イカやタコの仲間。デボン紀から白亜紀まで栄え、恐竜と共に絶滅。

画像「アンモナイト」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

北海道でよく獲れる理由

北海道が世界的にも有名な理由はノジュール(団塊)にあります。ノジュールとは、炭酸カルシウムを主成分とした硬い岩石の塊です。北海道産のアンモナイトは、多くの場合このノジュールに守られ、浸食を受けずほぼ完全な殻のままで保存されています。

生態

殻の内部は規則正しく仕切られ、もっとも出口に近い部屋に体が収まる。それより奥は空洞でガスが入っており、浮力を調節。

アンモナイトの基本構造

アンモナイトの基本構造

かたち”から学ぶ、アンモナイトのなかまたち

”かたち”から学ぶ、アンモナイトのなかまたち

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展