隕石のメンテナンス | 恐竜化石に関するコラム【三葉虫,アンモナイト,サメの歯】

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-1171-2055(平日10:00~18:00)メール:info@kaseki7.com(24時間対応)
隕石のメンテナンス
隕石標本のメンテナンス例

隕石標本のオーナーの方向けに、メンテナンス方法をご紹介します。

鉄分を多く含む隕石標本は表面が錆びてくることがあります。

この錆を除去する方法をご紹介します。

隕石カンポデロシエロの標本

隕石カンポ・デロ・シエロ(約13kgの大型標本)です。4年経過して、かなり錆が目立ってきました。市販のシリコンスプレー(DIY店で販売されている機械油でも構いません)を塗布した作業用布でやさしく錆部分(茶色の箇所)をふき取っていきます。ワイヤーブラシ(DIY店で売っている市販のもの)等で軽くこすってもよいです。

拭き取ったあとの作業用布

ふき取った後の作業用布がこちら。4年分の錆が拭き取られました。

メンテナンス後の隕石標本

作業後、カンポ・デロ・シエロ特有のメタルの光沢を取り戻しました。シリコンスプレー自体に高い防錆効果は期待できませんが、拭きとる際の溶剤としては最適です。水を含ませた布で拭きとるのはNG。一時的に錆を除去できたとしても、その後、短時間で錆びが現れはじめます。最後に、全体に、オイルを隕石表面にすりこみ、余分な油をふき取り、乾燥させて終了です。

鉄分を多く含む隕石のメンテナンスのポイント

鉄隕石(iron meteorite)や石鉄隕石(stony-iron meteorite)は鉄分とニッケルの合金を多く含むため、錆びることがある。適切なメンテナンスをすれば、状態を維持できる。

作業用布にシリコンスプレー(DIY店で販売している機械油でもOK)を染み込ませ、錆部分(茶色)を丁寧にふき取る。

本来のメタルの光沢を取り戻したら、メンテナンス終了。

隕石表面全体に、シリコンスプレー(もしくは機械油)をすり込んで、余剰の油をふき取り乾燥させます。これで錆が出にくくなる。

シリコンスプレーや機械油の代わりに水を用いるのはNG。一時的に錆びを除去できても、短時間で錆が現れ始める。

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展