あの長年に渡る議論が終結を迎えた。ナノティラヌスはティラノサウルスの幼体だった。 | 恐竜化石に関するコラム【三葉虫,アンモナイト,サメの歯】

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ 恐竜 レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-3550-1734(平日10:00~18:00) メール:info@kaseki7.com(24時間対応) お買い物ガイドはこちら
2020年のはじめ、長年語られてきたあのホットなトピックがついに終結を迎えました。
2020年のはじめ、長年語られてきたあのホットなトピックがついに終結を迎えました。

その議論とは、小型のティラノサウルス科に属する恐竜、ナノティラヌスは、新種なのか、それともティラノサウルス・レックスの幼体なのか、というもの。

化石コレクターなら、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

この度、新たな研究が発表され、長年の論争に結論を出されました。

ナノティラヌスという新属は存在せず、純粋にティラノサウルス・レックスの幼体だったというのです。

この議論は30年も続けられてきました。

この熱い議論はじつに30年以上も続けられてきました。

1980年代はそれぞれの主張は五分五分でしたが、2001年になり、さらにヒートアップすることになりました。ニックネーム「Jane」こと、カタログナンバー「BMRP2002.4.1」という骨格標本が発見されたからです。ジェーンは2001年にモンタナ州南部のヘルクリーク層で発見されました。復元された体長はおよそ6.5メートル、最大級の標本であるスー(Sue)のおよそ半分程度でした。体重は1トン前後。体格だけみれば、ティラノサウルス・レックスの幼体(あるいは亜成体)のようでもあり、別属である可能性もあります。

スコッティと並んで史上最大級のティラノサウルス・レックスの骨格標本の一つ、スーとの違いは、大きさだけではなく、全体のバランスとしてジェーンのほうが足長で、顎に並ぶ歯の数が多いことが分かりました。

この小さな暴君の発見によって、時々発見されるこのタイプの化石生物を新属ナノティラヌスとするのか、あるいはティラノサウルス・レックスの幼体とするのか、という議論が再燃したのです。

2000年代に入ると、徐々にティラノサウルス・レックスの幼体説が有力になってきました。

ジェーンは2001年に発見され、4年間の準備期間を経て、2005年に米国イリノイ州のバーピー自然史博物館で展示されました。その時、博物館で会議が行われ、古生物学者たちは、”ミニ暴君ら”の化石をティラノサウルスの幼体のものとして結論付けました(数名の反対者はいたものの、過半数を得票)。

多種多様な論議が繰り広げられてきました。その一例を紹介。

しかし、疑問は残りました。

ナノティラヌス・ランセンシスとされた生物の顎には上片側に14~15本、下片側に17本の歯があるのに一般にティラノサウルス・レックスの成体の歯化石では、上片側11~12本、下片側に11~14本しかないのです。

よって、両者は異なる生物なのではないか、という疑問に対して、以下のような反論がなされました。

同じくティラノサウルス科であるゴルゴサウルス・リブラトゥスでは、成長するについて歯の本数が減少するため、年齢で歯の数が異なるのは珍しいことではない、とのことです。

別の研究では、同じくティラノサウルス科のタルボサウルス(ティラノサウルス・バタール)においては、幼少時でも成体時と歯の数が変わらない、という主張がなされました。ただし、個体差があり、もともと歯の数が多い個体、少ない個体が存在するとも付記されています。

したがって、ナノティラヌス・ランセンシスの顎の化石においても、歯の数が多いというだけで必ずしも別属であるとは言えない、という結論が出されたのです。

研究者の間で他の点(手の相対的な大きさの比較や脳の空洞モデルを使った比較)でも議論が続けられてきたものの、全体として比較検討できる個体数が少ないため、分類学的な結論を得ることはできない、という見方もあります。

同じくティラノサウルス科であるゴルゴサウルス・リブラトゥスでは、成長するについて歯の本数が減少するため、年齢で歯の数が異なるのは、珍しいことではないのです。

別の研究では、同じくティラノサウルス科のタルボサウルス(ティラノサウルス・バタール)において、幼少時でも成体時と歯の数が変わらない、という主張がなされました。ただし個体差があり、もともと歯の数が多い個体、少ない個体が存在するとも付記されています。

したがって、歯の数が多いというだけで必ずしも別属であるとは言えない、という結論が出されたのです。

研究者の間で他の点(手の相対的な大きさの比較や脳の空洞モデルを使った比較)でも議論が続けられてきたものの、全体として比較検討できる個体数が少ないため、分類学的な結論を得ることはできない、という見方もあります。

2020年になって、大きな分析が発表されました。

2020年に入って、新しい研究が発表され賑わっています。この研究は大変興味深く「ミニ暴君」の骨の断面に関して、非常に精細な分析を発表し、最終的にティラノサウルス・レックスの幼体であると結論づけています。

レックスの成長率は一定ではなく、年齢とともに変化し、エサが少ない場合には、成長を遅らせることができた、というのです。

なるほど、これまで想像しなかった考えですね。ティラノサウルス・レックスが繁栄した時期は200万年ほどありますが、その間には、栄養失調になるほどエサを捕獲できなかった時代があったかもしれません。ジェーンやその他のミニ暴君はそういった不遇の時代のレックスだったのかもしれませんね。あるいは単に狩りが下手だったのか。想像は尽きません。

1980年代には、五分五分だったこの論争が年を経るごとに、ティラノサウルスの幼体説に傾いてきて、この度ついに結論が出たのかもしれませね。今回の研究では骨の断面をモチーフにしていますが、化石の数では比較的多い歯を対象とした研究が進めば、より興味深いのではないでしょうか。

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展