エクストララージ、長い方の辺に沿って145ミリ!メガロドン(Carcharodon megalodon)の歯化石 海のモンスター 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-1171-2055(平日10:00~18:00)メール:info@kaseki7.com(24時間対応)

※ 販売済みのメガロドンの標本はこちら

エクストララージ、長い方の辺に沿って145ミリ!メガロドン(Carcharodon megalodon)の歯化石/新生代第三紀(6500万--260万年前)【sh149】

エクストララージ、長い方の辺に沿って145ミリ!メガロドン(Carcharodon megalodon)の歯化石/新生代第三紀(6500万--260万年前)【sh149】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。

こちらは史上最大級の肉食ザメとして知られる、カルカロドン・メガロドン(Carcharodon Megalodon)の歯化石です。

長い方の辺に沿って145ミリもある、非常に大きな歯化石です。巨大な歯化石が多いメガロドンの標本のなかでも特別大きな部類に入ります。

一部修復が施されていると見られますが、総じて良い保存状態です。

メガロドンの歯化石のサイズは他の生物とは比較できません。白亜紀の巨大な獣脚類恐竜とさえ比較にならない大きさと言えるでしょう。事実、史上最大の咬合力(こうごうりょく、噛む力のこと)であったと推定されています。数百万年前に絶滅して、現世には存在しないため、実際に計測することは出来ませんが・・・。

メガロドンの歯の特徴の一つは、この三角形の形です。有史以降の文明人たちもこのメガロドンの歯化石に興味を持っていたようです。当時は巨大なサメの歯化石であるとは思えず、ドラゴンの舌の化石(西洋)とか、天狗の爪(日本)だとか、空想上の怪物の体の一部が世に現れたものと考えていたようです。

メガロドンは現在でも謎多き生物の一つです。というのも、このような歯化石はたびたび採集されるものの、肝心の全身骨格の化石が見つからないからです。無理もありません。メガロドンは現世のサメと同じく軟骨魚類であるため骨格は化石として非常に残りにくいのです。従って、体長や体重も歯のサイズからの推定値となります。推定方法はシンプルで、同属の現世ザメ、ホオジロザメの歯化石と比較するとおよそ3倍であることから、体長も3倍程度の18メートルほどあったのでは、というもの。ただ、現在の研究ではそれは少し大げさで、実際にはもう少し小さかったのではないかと考えられています。

歯根です。一部補修が施されていると思われます。メガロドンの歯化石にはよくその手の補修があります。

よくメガロドンと比較される現生種にホオジロザメがあります。リンネの二名法において、属名「Carcharodon」が共通したものとして分類されています。つまり、両者はかなり似通った、もっと言えば近縁種ではないかという説もあります。彼らがどのくらい「似ていたのか」については諸説あり、まだはっきりと定まった考え方はないようです。大変興味深いですね。

メガロドンはこのような巨大な歯で何を狩っていたのでしょうか。メガロドンが繁栄した時代は温暖で、クジラやイルカのような大型の海洋性の哺乳類が多数棲息していました。メガロドンの巨体を維持するのに十分なエサがありました。

ところが、地球が徐々に寒冷化しエサであったクジラの仲間は他の地域に移動していきました。クジラの仲間に比べて体温調節が苦手だったメガロドンは、餌場を失い食料不足に陥った結果、最終的に絶滅に至ったと考えられています。メガロドンも体温調節ができたという説もあるようですが、海洋性の哺乳類ほど上手に対応できなかったのかもしれません。メガロドンは他のサメとくらべて体温が高かったという説があり、代謝を維持するためには大量に食べる必要があったのかもしれませんね。

Megalodonという種名はMegalo(巨大な)なdon(歯)に由来しています。この巨大な歯化石を持つ生物は260万年前に絶滅したと考えられています。その根拠が、それ以降の地層から化石が見つからないことです。メガロドンの歯化石は世界中の地層から発見されていることからも、一時期全世界の海の食物連鎖の頂点に君臨していたと考えられています。

大きいのは歯だけではありません。大きく開いた顎の面積は3m四方にもなったと考えられています。

両面ともに同程度に良い状態です。

100円玉との比較。長い方の辺に沿っておよそ145ミリもある、特大サイズのメガロドンの歯化石です。

商品スペック
商品ID sh149
時代 新生代第三紀(6500万--260万年前)
学名 エクストララージ、長い方の辺に沿って145ミリ!メガロドン(Carcharodon megalodon)の歯化石
産地 U.S.A
サイズ 長いほうの辺に沿って14.5cm、厚3cm
商品解説 エクストララージ、長い方の辺に沿って145ミリ!メガロドン(Carcharodon megalodon)の歯化石

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

メガロドンとは?
ジョーズも真っ青、古代のサメはさらに3倍!!

名前の由来は大きなノコギリ歯の意味。当時の海を支配していた最凶の殺戮マシーン。サメの骨は軟骨であるため化石にはなりにくいのですが、歯はしっかり残ります。

画像 「メガロドン」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

ニューヨーク自然史博物館

サメは古代から存在する、生きた化石です。現在では、映画「ジョーズ」で出演?したホオジロザメが有名で、最大6mにも成長します。

しかし、メガロドンの大きさはそんなものではありません。これまで発見された中で最も大きなサイズは、なんと全長18m・体重30tのサイズがあったと言われています。これは現在のジンベーザメやマッコウクジラと同じくらいの大きさです。

もはや、サメではありません。巨大怪獣です!

以下の比較図をご覧下さい。ジョーズであれだけ恐怖だったホオジロザメがかわいく見えます。人間なんて、何の腹の足しにもならないでしょう。

画像 「メガロドン」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

メガロドン、ホオジロザメ、ヒト

残念ながら??我々人類の祖先と共存した時代はありませんが、こんな猛獣がいたら、おちおち海釣りもできませんね。メガロドンは新生代第三紀中新世(600万年前)を最後に絶滅。類人猿アウストラロピテクスは400万年前に誕生。

何度でも生え変わるハンター仕様の歯

サメの歯は多生歯性で、生きている間に何度も生え変わります(人間は一度だけ)。折れても復活するまさにハンター専用のスペシャル仕様になっています(デンタルバッテリーと言います)。

しかも、歯の形が大きな主咬頭に加え、いわゆる返しのための副咬頭が付いており、一度噛み付いたものをしっかりとホールドする、恐ろしい仕組みになっています。化石になっても、副咬頭が確認できるタイプがあります。

画像 「メガロドン」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

2頭のクジラの仔を襲うメガロドン(想像図)

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展