山型の美しい形!史上最強の交合力を有していた、絶滅巨大ザメ、メガロドン(Carcharodon megalodon)の歯化石 海のモンスター 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-1171-2055(平日10:00~18:00)メール:info@kaseki7.com(24時間対応)

※ 販売済みのメガロドンの標本はこちら

山型の美しい形!史上最強の交合力を有していた、絶滅巨大ザメ、メガロドン(Carcharodon megalodon)の歯化石/新生代第三紀(6500万--260万年前)【sh132】

山型の美しい形!史上最強の交合力を有していた、絶滅巨大ザメ、メガロドン(Carcharodon megalodon)の歯化石/新生代第三紀(6500万--260万年前)【sh132】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。

美しい三角形の歯化石。史上最大の肉食ザメ、メガロドンの歯化石です。

こちらは裏面。メガロドンはおよそ1800万年前から150万年前まで世界中の海に生息していた巨大なサメです。最大で20メートル近くにまで成長したと考えられており、史上最大の肉食ザメとして知られています。現在には絶滅していません。

こちらはの歯化石は長い方の辺に沿って11.4センチ。現世の肉食ザメ、ホホジロザメの歯とは比較にならない、巨大な歯化石です。

メガロドンの顎にはこのような歯化石が無数に並んでおり、その交合力(こうごうりょく=噛む力)は20トンに及ぶという説があります。これはあらゆる生物のなかでもっとも強い交合力であると推定されています。

がっしりとした歯根。

メガロドンがなぜこれほどまでに巨大化したか、については、諸説ありますが、当時の海がかなり温暖でエサであるクジラの頭数が増加したことが要因と考えられています。

光沢を備えた美しいエナメル質。

どこから見ても良形です。

特に山型の歯冠の美しさは特筆すべきものがあります。

世界中の海で食物連鎖の頂点に君臨していたメガロドンでしたが、500万年前頃から徐々にその個体数を減らしていったと考えられています。徐々に海水温が低下し、エサのクジラが減っていったためとされています。クジラは恒温動物である哺乳類のため、ある程度寒さに耐性があるのに対して、変温動物のメガロドンは温暖な海でしか活発に動くことができなかった、という説もあります。

100円玉との比較。いずれにしても、生物のなかで史上最大の交合力を有していたとされるメガロドン。こちらの標本はその歯化石です。コレクションアイテムにふさわしい美しい形にご注目下さい。

商品スペック
商品ID sh132
時代 新生代第三紀(6500万--260万年前)
学名 山型の美しい形!史上最強の交合力を有していた、絶滅巨大ザメ、メガロドン(Carcharodon megalodon)の歯化石
産地 U.S.A
サイズ 長いほうの辺に沿って11.4cm
商品解説 山型の美しい形!史上最強の交合力を有していた、絶滅巨大ザメ、メガロドン(Carcharodon megalodon)の歯化石

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

メガロドンとは?
ジョーズも真っ青、古代のサメはさらに3倍!!

名前の由来は大きなノコギリ歯の意味。当時の海を支配していた最凶の殺戮マシーン。サメの骨は軟骨であるため化石にはなりにくいのですが、歯はしっかり残ります。

画像 「メガロドン」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

ニューヨーク自然史博物館

サメは古代から存在する、生きた化石です。現在では、映画「ジョーズ」で出演?したホオジロザメが有名で、最大6mにも成長します。

しかし、メガロドンの大きさはそんなものではありません。これまで発見された中で最も大きなサイズは、なんと全長18m・体重30tのサイズがあったと言われています。これは現在のジンベーザメやマッコウクジラと同じくらいの大きさです。

もはや、サメではありません。巨大怪獣です!

以下の比較図をご覧下さい。ジョーズであれだけ恐怖だったホオジロザメがかわいく見えます。人間なんて、何の腹の足しにもならないでしょう。

画像 「メガロドン」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

メガロドン、ホオジロザメ、ヒト

残念ながら??我々人類の祖先と共存した時代はありませんが、こんな猛獣がいたら、おちおち海釣りもできませんね。メガロドンは新生代第三紀中新世(600万年前)を最後に絶滅。類人猿アウストラロピテクスは400万年前に誕生。

何度でも生え変わるハンター仕様の歯

サメの歯は多生歯性で、生きている間に何度も生え変わります(人間は一度だけ)。折れても復活するまさにハンター専用のスペシャル仕様になっています(デンタルバッテリーと言います)。

しかも、歯の形が大きな主咬頭に加え、いわゆる返しのための副咬頭が付いており、一度噛み付いたものをしっかりとホールドする、恐ろしい仕組みになっています。化石になっても、副咬頭が確認できるタイプがあります。

画像 「メガロドン」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

2頭のクジラの仔を襲うメガロドン(想像図)

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
三葉虫の販売
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展