古代サメ・オトダス歯化石(Otodus obliqqus) 海のモンスター 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-3550-1734(平日10:00~18:00)メール:info@kaseki7.com(24時間対応) お買い物ガイドはこちら

※ 販売済みの巨大サメ・オトダスの標本はこちら

古代サメ・オトダス歯化石(Otodus obliqqus)/新生代(6500万年前 -- 現在)【sh103】

古代サメ・オトダス歯化石(Otodus obliqqus)/新生代(6500万年前 -- 現在)【sh103】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。

古代鮫オトダスの歯化石です。カーブに沿って5.5cmとオトダスの歯化石としては中程度のサイズです。

この反りのおかげで、一度噛みついた獲物は外に逃がさない構造になっています。

写真右上の太い部分は歯根と呼ばれ、左下の光沢のある部分は歯冠と呼ばれます。歯根は歯茎の中に収まっており、歯をしっかりと固定する、「根」の役割を果たします。

歯冠は光沢があり、エナメル質が剥がれていないことが分かります。表面のエナメルパターンも保存されており、近くで見ると、非常に複雑な模様になっていることが分かります。

歯のサイドに小さな突起があることに気づいたでしょうか。この副歯があれば、獲物に噛みついたときのホールド力はさらに増強されそうですね。獲物を殺傷するためだけに進化したような恐ろしい歯です。

このオトダスという古代の絶滅鮫は、ネズミザメの仲間ですが、最終的に、史上最大の肉食ザメとされるあのメガロドンへと進化していったと考えられています。オトダスの歯とメガロドンの歯の中間的な歯が見つかっていることが、その根拠とされています。

商品スペック
商品ID sh103
時代 新生代(6500万年前 -- 現在)
学名 古代サメ・オトダス歯化石(Otodus obliqqus)
産地 Morocco
サイズ カーブ計測5.5cm
商品解説

弊社で販売している標本の種名の同定について

オトドゥスとは?
古代ザメ オトダス(Otodus)

Otodus obliquusは、絶滅したネズミザメの仲間です。新生代前期から中期にかけて(約6000万年前~約4500万年前)、世界中の海に生息していました。

生理学的な知識

オトダスは、歯化石と背骨が発見されます。他の軟骨魚類と同じように、オトダスは、(骨ではなく)軟骨で構成されています。オトダスの歯は、三角形の歯冠と、なめらかな歯のエッジ、歯根についている鋭い副歯によってできています。まれに、鋭いセレーション(歯のエッジのぎざぎざ)が観察される標本もあります。

オトダスはどれくらい大きかったか?

オトダスの化石は、この生物が、巨大な肉食性のサメであったことを示しています。現在知られている最も大きな歯は、高さ計測で104mmです。背骨は、幅12.7cm。こういったデータから、科学者は、体長9メートルに達したものと考えています。

オトダスは、どこにいたか?

オトダスは幅広い地域の海に生息していたと考えられています。アフリカ、アジア、ヨーロッパ、北アメリカなど。

オトダスは、何を食べていたか?

オトダスは、海生の哺乳類、大きな魚はもちろん、他のサメさえもエサにしたと考えられています。当時の食物連載の頂点に君臨していました。

オトダスはメガロドンへと進化した。

オトダスは、最終的に、史上最大の肉食サメと知られるメガロドンの仲間へと進化したと科学者は考えています。証拠として、その中間的な歯が見つかっています。

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展