【レプリカ】ギガノトサウルスのレプリカ歯 レプリカ 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-1171-2055(平日10:00~18:00)メール:info@kaseki7.com(24時間対応)

※ 販売済みのギガノトサウルスの標本はこちら

【レプリカ】ギガノトサウルスのレプリカ歯/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【ot643】

【レプリカ】ギガノトサウルスのレプリカ歯/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【ot643】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。

史上最大の肉食恐竜と謳われるギガノサウルスの歯化石のレプリカです。精巧な出来です。

オリジナルを忠実になぞったモデル。

ギガノトサウルスの歯化石も実際に乳白色をしています。色もしっかり再現していますね。

実物なら数百万は堅い代物でしょう。ギガノトサウルスという超のつくレアものゆえに、本品のようなレプリカの価値があります。

商品スペック
商品ID ot643
時代 中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)
学名 【レプリカ】ギガノトサウルスのレプリカ歯
産地
サイズ ロングカーブ計測20.2cm 76g
商品解説 【レプリカ】ギガノトサウルスのレプリカ歯

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

ギガノトサウルスとは?
史上最大級の獣脚類の一つ 「ギガ」ノトサウルス

ギガノトサウルス。

恐竜に明るい方なら、一度は耳にしたことがある名前であろう。

「ギガ」が名前の最初に付くことからもわかるように、明らかに、命名者のテンションは上がっている。

この標本の「全体像はきっとティラノサウルスより、カルカロドントサウルスより大きいぞ、世界最大の獣脚類だ!」そんな声が聞こえてきそうである。

白亜紀後期の初頭、今から9800年前から9600万年前に現在の南米はアルゼンチンに生息していた、この生物ギガノトサウルスは、実際、ティラノサウルスより長い頭骨を持ち、大きな体を持っていた。

ギガノトサウルスとティラノサウルス、どっちがデカいの?

ティラノサウルスの頭骨は1.5mに対して、ギガノサウルスのそれは、30cm上回る1.8mもあり、体長はティラノサウルスを1m上回る14mもあったという。体重についても、ティラノサウルスを0,5t上回る9tと見積もられている。

全身骨格が丸々すべて発見されているわけではないため、推定の域を出ない数値ではあるが、この生物ギガノトサウルスが少なくともティラノサウルス並みに巨大であったことは間違いない。

ティラノサウルスとギガノトサウルス。いったいどっちが強いんだ?

ティラノサウルスとは生きた時代も地域も異なるが、我々恐竜ファンは、いつも「最強の恐竜は何か?」という質問に自分の意見を持ちたがっている。恐竜など、髪の毛1本ほども興味もない人たちから見れば、子供じみた命題だ、と吐き捨てるかもしれない。しかし、これは恐竜ファンにとってはたいへん重大な命題である。

ギガノトサウルスの頭部は、ティラノサウルスの頭部と比べて、やや貧弱であることが分かっている。ティラノサウルスの頭部は長いだけではなく、非常に幅広である。ただ長いだけじゃない。巨大なのである。

一方、ギガノトサウルスの頭部は非常に長く、やや細長の形状をしている。

頭部の幅は、噛む力に強く相関があり、ティラノサウルスの噛む力が群を抜いていたのは間違いない。

ところがだ、この比較的なスレンダーの頭骨のおかげで、ギガノトサウルスの嗅覚は良く発達していたと考えられている。より早く獲物の位置を知り、食事にありつけたのかもしれない。恐ろしいハンター出会ったことは間違いないだろう。

ギガノトサウルスの化石の近くから、ティタノサウルス(ティラノではないですよ!ティ「タ」ノです)などの巨大竜脚類の化石が多く見つかっている。これは、ギガノトサウルスが、これら巨大竜脚類を捕食対象としていた可能性があることを示唆している。

ティラノサウルスとギガノトサウルス、いったいどっちが賢い?

また、ギガノサウルスの脳の大きさはティラノサウルスの半分、もしくはそれ以下だったと推定されている。脳の大きさで運動神経まで決めつけるのは、短絡的かもしれないが、この点でもティラノサウルスに軍配が上がっている。

ティラノサウルスとギガノトサウルスの歯の違いは?

歯の形もまた異なっている。ティラノサウルスの歯は太く、ルートは丸みを帯びている。一方、ギガノトサウルスの歯は、幅広でルートはやや扁平である。これは、ティラノサウルスが獲物を噛み砕くスタイルなのに対して、ギガノサウルスは噛みきり出血死させる手法をとっていた、ことによるとされる。

ギガノトサウルスはカルカロドントサウルス科の仲間であるため、歯の特徴においても、それを如実に表していると言える(カルカロンドトサウルス科の恐竜は、みな扁平で幅広の歯を有している)。

ギガノトサウルスは、じつは、ウサインボルトなみに脚が速かった?

Blanco and Mazzetta (2001)によれば、ギガノトサウルスは時速50kmで疾走できる能力があったと見積もられている。本当だとすれば、この巨体にして、すさまじい疾走能力である。本当にその速度で大地を駆けたとすれば、周辺には爆音が轟いたことであろう。

ギガノトサウルスの化石はほとんど算出していない。 コレクション品は、ほんのわずか。希少性の極致。

このように、ギガノトサウルスは、実に興味深い、巨大な獣脚類である。まだ化石標本の産出数が非常に少なく、研究の道半ばである。今後の研究で、また違った側面を見せてくれることだろう。

コレクション品としての化石標本は、ほとんど皆無と言ってよい。マーケットに出回ることは、ごくごくわずかである。

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
三葉虫の販売
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展