新生代の長期間、北米で大繁栄した小型のサイの仲間、ヒラコドン(Hyracodon)の顎付き歯化石 化石 販売

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ 恐竜 レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-3550-1734(平日10:00~18:00) メール:info@kaseki7.com(24時間対応) お買い物ガイドはこちら

新生代の長期間、北米で大繁栄した小型のサイの仲間、ヒラコドン(Hyracodon)の顎付き歯化石/【ot3656】

新生代の長期間、北米で大繁栄した小型のサイの仲間、ヒラコドン(Hyracodon)の顎付き歯化石/新生代第三紀(6600万--260万年前)【ot3656】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

ご入金の確認が完了したご注文は即日発送
送料無料 税込み 11,000円
 この価格で分割払いした場合は? | スマホ向けサイトはこちら

:  
新生代の長期間、北米で大繁栄した小型のサイの仲間、ヒラコドン(Hyracodon)の顎付き歯化石(その1)

こちらは、米国サウスダコタ州ペニントン群に位置するボール層で発見された絶滅哺乳類、ヒラコドンの顎の化石です。

新生代の長期間、北米で大繁栄した小型のサイの仲間、ヒラコドン(Hyracodon)の顎付き歯化石(その2)

ご覧のように顎に大きな歯がいくつか付属した状態です。

新生代の長期間、北米で大繁栄した小型のサイの仲間、ヒラコドン(Hyracodon)の顎付き歯化石(その3)

ヒラコドンは新生代の長い期間、北米、アジア、ヨーロッパに分布していた絶滅哺乳類です。その繁栄期間は数千万年に及びました。ヒラコドンは四肢が長く小型のウマに似た生物で、主に森林で生活していたと考えられています。成長すると体長は150cm程度、体重は100kg程度になり、馬というより、ポニーに近い体格と言えるでしょう。

新生代の長期間、北米で大繁栄した小型のサイの仲間、ヒラコドン(Hyracodon)の顎付き歯化石(その4)

ヒラコドンは外観は小型のウマに似ていますが、歯列はサイのそれに似通っているとも言われています。ゆえに、角のない軽快なサイと評されることもあります。ヒラコドンは主に森林で生活していましたが、その適応能力は高く、平原にも進出しました。しかし、前方の歯が平原の草を上手に食べるのには適しておらず、徐々に生存競争に負けていったという説があります。

新生代の長期間、北米で大繁栄した小型のサイの仲間、ヒラコドン(Hyracodon)の顎付き歯化石(その5)

顎から黒い歯冠をもつ歯が生えています。

新生代の長期間、北米で大繁栄した小型のサイの仲間、ヒラコドン(Hyracodon)の顎付き歯化石(その6)

おそらく下顎の一部と思われます。

新生代の長期間、北米で大繁栄した小型のサイの仲間、ヒラコドン(Hyracodon)の顎付き歯化石(その7)

比較的小型の体躯を持っていたヒラコドンですが、その祖先から分かれたもう一つの系統、パラケラテリウムは、史上最大級の陸棲哺乳類へと進化しました。成長すると20トンに達したとされます。これはアフリカゾウの4倍の体重です。

新生代の長期間、北米で大繁栄した小型のサイの仲間、ヒラコドン(Hyracodon)の顎付き歯化石(その8)

約7センチほど。

新生代の長期間、北米で大繁栄した小型のサイの仲間、ヒラコドン(Hyracodon)の顎付き歯化石(その9)

100円玉との比較。新生代の長期間、北米で大繁栄した小型のサイの仲間、ヒラコドンの顎付き歯化石です。

ネームカード

商品スペック

商品ID ot3656
年代 新生代第三紀(6600万--260万年前)
学名 新生代の長期間、北米で大繁栄した小型のサイの仲間、ヒラコドン(Hyracodon)の顎付き歯化石
産地 South Dakota, U.S.A.
サイズ 7cm×6cm×厚2.2cm
商品解説 新生代の長期間、北米で大繁栄した小型のサイの仲間、ヒラコドン(Hyracodon)の顎付き歯化石

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展