古代の巨獣、氷河期時代のバイソンの足骨の化石 化石 販売

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ 恐竜 レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-3550-1734(平日10:00~18:00) メール:info@kaseki7.com(24時間対応) お買い物ガイドはこちら

古代の巨獣、氷河期時代のバイソンの足骨の化石/【ot3343】

古代の巨獣、氷河期時代のバイソンの足骨の化石/新生代第四紀(260万年前 -- 現在)【ot3343】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

ご入金の確認が完了したご注文は即日発送
送料無料 税込み 28,000円
 この価格で分割払いした場合は? | スマホ向けサイトはこちら

:  
古代の巨獣、氷河期時代のバイソンの足骨の化石(その1)

こちらはアメリカ、アイオワ州で見つかったバイソンの足の骨の化石です。バイソンは古代から北米に生息していた大型の牛の一種です。現代の北米にもバイソンは生息していますが、これらの化石は異なる種のものと考えられています。

古代の巨獣、氷河期時代のバイソンの足骨の化石(その2)

氷河期の標本と思われるため、状態は良好で、細かいディティールが保存されています。

古代の巨獣、氷河期時代のバイソンの足骨の化石(その3)

氷河期のバイソンは数万年前まで生息していたとされ、その間には人類、特にホモ・サピエンスとも共存していた可能性が高いとされています。

古代の巨獣、氷河期時代のバイソンの足骨の化石(その4)

骨端をアップで撮影。

古代の巨獣、氷河期時代のバイソンの足骨の化石(その5)

実際に、米国北部地域では数万年前のバイソンのミイラの化石が発見されている事実があります。これらの化石は、氷河期や更新世の時代において、バイソンがこの地域に生息していたことを示す重要な証拠となっています。

古代の巨獣、氷河期時代のバイソンの足骨の化石(その6)

28センチもある立派な足骨の化石です。

古代の巨獣、氷河期時代のバイソンの足骨の化石(その7)

重量にして800グラムを超えます。

古代の巨獣、氷河期時代のバイソンの足骨の化石(その8)

骨端をアップで撮影。

古代の巨獣、氷河期時代のバイソンの足骨の化石(その9)

最長部28センチ、骨端は大きいところで7センチほどあります。

古代の巨獣、氷河期時代のバイソンの足骨の化石(その10)

100円玉との比較。氷河期時代のバイソンの足骨の化石です。

ネームカード

商品スペック

商品ID ot3343
年代 新生代第四紀(260万年前 -- 現在)
学名 古代の巨獣、氷河期時代のバイソンの足骨の化石
産地 Iowa,U.S.A
サイズ 28cm×7.7cm×7.2cm 810g
商品解説 古代の巨獣、氷河期時代のバイソンの足骨の化石

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

ステップバイソンとは?

数万年前の氷河期のヨーロッパに実在した巨獣。

成体は体長350cm,体重は1トンを超えた。

バイソンは現世の北米とヨーロッパにも棲息しているが、ステップバイソンの子孫ではない。いずれも絶滅の危機に瀕しており、いずれも人工的に飼育されている個体のみになってしまっている。

バイソンはバッファローとは違う生物

一方、よくバイソンと間違われるバッファローは、東南アジアに棲息しているスイギュウのことであり、バイソンとは異なる生物である。ただ、アメリカでは野牛のことをバッファローと呼ぶ習慣があるため、アメリカバイソンをバッファローと呼ぶことがあるので、注意が必要。

バイソンは草食動物のためおとなしいイメージがあるかもしれないが、一度怒らすと手がつけられない存在として知られている。

映像でみるバイソン、ジャコウウシ


1トンを超えるバイソンが暴れると、人力ではコントロール不能である。


こちらはバイソンではなくジャコウウシである。そのヘッドバッドの迫力には息が詰まる。

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展