海生爬虫類ファン必見!スーパーレア!”首の短い”首長竜、リオプレウロドン(Liopleurodon macromerus)の巨大脊椎骨化石。ジュラ紀カロビアン期、イングランド、オックスフォードクレイ産 海のモンスター 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-3550-1734(平日10:00~18:00)メール:info@kaseki7.com(24時間対応) お買い物ガイドはこちら

※ 販売済みのプリオサウルスの標本はこちら

海生爬虫類ファン必見!スーパーレア!”首の短い”首長竜、リオプレウロドン(Liopleurodon macromerus)の巨大脊椎骨化石。ジュラ紀カロビアン期、イングランド、オックスフォードクレイ産/中生代ジュラ紀(1億9500万 -- 1億3500万年前)【ot2367】

海生爬虫類ファン必見!スーパーレア!”首の短い”首長竜、リオプレウロドン(Liopleurodon macromerus)の巨大脊椎骨化石。ジュラ紀カロビアン期、イングランド、オックスフォードクレイ産/中生代ジュラ紀(1億9500万 -- 1億3500万年前)【ot2367】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

ご入金の確認が完了したご注文は即日発送
送料無料 税込み 168,000円
 この価格で分割払いした場合は? | スマホ向けサイトはこちら

注文数 :  

こちらは、あのリオプレウロドンの椎骨の化石です。海生爬虫類のマニアであれば、その名を聞いて驚かない人はいないでしょう。首長竜として分類されるのに、モササウルスのように首が短く太い、あの巨大な海生爬虫類です。しかも、この保存状態、このサイズ。一般的なマーケットではまずお目にかかれない、驚愕の逸品と申し上げて良いでしょう。

分かる人には、色だけで、イングランド産と判別できるかもしれません。イングランド・アビングトンのオックスフォードクレイ層から採集された化石です。中生代ジュラ紀のカロビアン紀(およそ1億6千5百万年前)の地層です。

世の中広いとはいえ、リオプレウロドンの椎骨で、このレベルの保存状態の化石がいくつあるというのでしょうか。椎体全体が綺麗に保存された逸品。

直径最大部20センチ、3キロを超える、特大の化石です。

椎体に独特の網目のような構造が保存されています。

リオプレウロドンは当時の海中において、食物連鎖の頂点に君臨していた巨大生物です。古代の海生爬虫類ファンなら、垂涎の逸品でしょう。

網目構造。凄まじい保存状態!

側面の保存状態も良好です。

この網目模様が風化することなく保存されているのは驚きです。

種小名(macromerus)まで同定された希少な標本。

様々な角度から撮影しましたので、じっくりご覧ください。

いかがだったでしょうか。リオプレウロドン、海生爬虫類の化石コレクターにとっては、憧れの存在でしょう。一般マーケットではまず見られない、一期一会のレア化石です。

商品スペック
商品ID ot2367
時代 中生代ジュラ紀(1億9500万 -- 1億3500万年前)
学名 海生爬虫類ファン必見!スーパーレア!”首の短い”首長竜、リオプレウロドン(Liopleurodon macromerus)の巨大脊椎骨化石。ジュラ紀カロビアン期、イングランド、オックスフォードクレイ産
産地 Oxford Clay,England
サイズ 20cm×16.3cm×7cm 3370g
商品解説 海生爬虫類ファン必見!スーパーレア!”首の短い”首長竜、リオプレウロドン(Liopleurodon macromerus)の巨大脊椎骨化石。ジュラ紀カロビアン期、イングランド、オックスフォードクレイ産

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

プレシオサウルスとは?
「ネッシー」の祖先と言われたプレシオサウルス?

プレシオサウルスは三畳紀後期~ジュラ紀前期(約2億1000万~1億8000万年前)に棲息していた首長竜の仲間です。首長竜としては最も初期の生物の一つです。

画像「プレシオサウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.org

ネッシーの影響か否か、首長竜を恐竜の一種と考えられがちですが、実際には海生は虫類の仲間です。

また、同じ水性は虫類のエラスモサウルスなどと違い、比較的小型で最大で体長5m前後であったと考えられています。エラスモサウルスは10mをゆうに超える巨体の持ち主でした。

画像「プレシオサウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.org

泳ぎは得意ではなかった

またエラスモサウルスほど首が長くなく、首長竜の想像図で見られる、首を縦横無尽にくねらせて魚を捕食することはもしかすると得意ではなかったかもしれません。潜水が得意ではなったという説があることから、浅海で魚やイカなどを獲物にしたと考えられています。

画像「プレシオサウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.org

胴体から伸びる巨大な鰭(ひれ)を駆使しても、それほど高速で泳ぐことはできなかったという説もあります。待ち伏せをして首を突き出して捕食をしていたのでしょうか。

現生のプレシオサウルス生き残り説はネッシー以外もたくさんあり、有名なところでは、アメリカのチャンプオーストラリアのホークスベリー・リバー・モンスター、中国のツィリなどがあります。

画像「プレシオサウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.org

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展