チェーンソーを口の先に持っていた珍妙な生物ノコギリエイは白亜紀にもいた。オンコプリステス(Onchopristis)の歯化石 化石 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-1171-2055(平日10:00~18:00)メール:info@kaseki7.com(24時間対応)

※ 販売済みのノコギリエイの標本はこちら

チェーンソーを口の先に持っていた珍妙な生物ノコギリエイは白亜紀にもいた。オンコプリステス(Onchopristis)の歯化石/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【ot2078】

チェーンソーを口の先に持っていた珍妙な生物ノコギリエイは白亜紀にもいた。オンコプリステス(Onchopristis)の歯化石/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【ot2078】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。

こちらはオンコプリステスという名の魚類の歯化石です。化石コレクターや古生物ファンでなければ、オンコプリステスという名を目にしたことはないはずです。では、ノコギリエイはいかがでしょうか。こちらの標本は古代に実在したそのノコギリエイの仲間の歯化石なのです。こちらのページの下部にノコギリエイの写真が掲載されていますので、スクロールしてぜひご覧ください。

なんと奇々怪々な生物でしょうか。写真が存在することからも分かるように、ノコギリエイは現世にも棲息していました。属種(ぞくしゅ)は異なりますが、同じグループの生物がゆうに1億年以上、棲息していることになります。白亜紀末にユカタン半島に落下した巨大隕石の影響で、多くの生物は絶滅しましたが、ノコギリエイは生き残りました。

さて、この歯化石、非常に奇妙な形をしています。先端には”返し”が付いており、根本は大きく広がっています。ノコギリエイという生物は、その名の通り、長いチェーンソーの刃のようなものが吻部の先端に伸びています。その縁部にこの歯化石が多数付いているという構造になっています。現世のノコギリエイはその巨大な”チェーンソー”を振り回して、獲物に当てて、気絶させ捕食するという、一風変わったハンティングを行います。きっと、古代のノコギリエイ(オンコプリステス)も同様のスタイルだったのではないでしょうか。

総じて保存状態は良好で、欠けた箇所はほとんどありません。

根元の部分。長い吻部についていた部分です。

100円玉と比較してもかなり巨大。このような歯化石が多数ついた棒を振り回されたら、たまったものではありません。成長すると、3-4メートルにもなったオンコプリステスですが、同時期、同地域に棲息していたスピノサウルスから襲われるシーンがよくイラスト等で描かれています。

商品スペック
商品ID ot2078
時代 中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)
学名 チェーンソーを口の先に持っていた珍妙な生物ノコギリエイは白亜紀にもいた。オンコプリステス(Onchopristis)の歯化石
産地 Kem Kem basin, Morocco
サイズ 6.5cm×2.6cm×厚1.4cm
商品解説 チェーンソーを口の先に持っていた珍妙な生物ノコギリエイは白亜紀にもいた。オンコプリステス(Onchopristis)の歯化石

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

ノコギリエイとは?

英名は、sawfish。

最大の特徴は、頭部から長く突き出たノコギリ状の吻である。Pristis はラテン語で、「ノコギリエイ」を意味する。外見上よく似ているが、ノコギリザメ(ノコギリザメ目ノコギリザメ科)とは別種。

頭部から突き出た、ノコギリ状の吻部が最大の特徴。この吻部を振り回して、獲物を切り裂き、あるいは引っ掛けて捕食する。中生代に現れ現世まで絶えることなく生息している。

ノコギリエイ

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展