パーフェクト!抜群の保存状態。いち早く寒冷化に対応したメリコイドドンの顎化石(Merycoidodon culbertsoni)。 化石 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-1171-2055(平日10:00~18:00)メール:info@kaseki7.com(24時間対応)

※ 販売済みのの標本はこちら

パーフェクト!抜群の保存状態。いち早く寒冷化に対応したメリコイドドンの顎化石(Merycoidodon culbertsoni)。/新生代第三紀(6500万--260万年前)【ot1575】

パーフェクト!抜群の保存状態。いち早く寒冷化に対応したメリコイドドンの顎化石(Merycoidodon culbertsoni)。/新生代第三紀(6500万--260万年前)【ot1575】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。

こちらは新生代第三紀中期に、北米で繁栄していたメリコイドドンの顎の化石です。※現在は絶滅しています。

御覧ください。パーフェクトと言っても過言ではないほどの保存状態。

この不思議な歯を持つメリコイドドンとはいったいどんな生物だったのでしょうか。現世の生物で例えるならば、犬と羊の中間の見た目を持つ生物でしたが、生物学的にはラクダに近かったようです。

メリコイドドンの最後のドンは歯を意味します。メリコイドとは”反芻ができる”という意味。つまりメリコイドドンとは反芻ができる歯の意味なのですね。

反芻をご存知でしょうか。現世のウシやラクダは反芻を行います。一度胃に収めた植物を再び口内に戻して噛み再び飲み込みます。これを繰り返すことで、植物の硬いセルロースを効率的に分解できます。また複数の胃に棲んでいる微生物を培養することもできました。つまり、反芻とは、少ない植物の栄養を目一杯効率的に利用する方法と言えるのです。

その反芻をできる、と考えられていたメリコイドドンですが・・・

実は反芻をすることはできなかった、というのが現在の通説です。名前とは逆の実態だったというわけですね。

メリコイドドンが繁栄しはじめたのは地球全体が徐々に寒冷化を迎えていた頃です。植物食動物にとってはエサの奪い合いの時代に入っていたとも言えます。メリコイドドンはこの立派な歯で硬い植物を食べることができたため、生存競争を生き残ることができたと考えられています。

この立派な歯をもって、一時代を築いたと言えるでしょう。

しかし、現世のウシやラクダのような反芻が実際にできるグループが現れ始めたため、植物を効率的に栄養として取り入れることができないメリコイドドンは徐々に優位を築けなくなり、最終的に絶滅していしまいます。

その意味でメリコイドドンは、一時代の前の植物食動物ということができるでしょう。

新生代第三紀中期のニ千万年間の長きに渡り、寒冷化にいち早く対応したメリコイドドン。

象徴とも言える顎と歯が完全に保存された見事な標本です。

前歯から奥歯まで完全に保存されています。

顎奥から撮影。

両歯ともに保存されています。

100円玉との比較。下顎と思われます。

商品スペック
商品ID ot1575
時代 新生代第三紀(6500万--260万年前)
学名 パーフェクト!抜群の保存状態。いち早く寒冷化に対応したメリコイドドンの顎化石(Merycoidodon culbertsoni)。
産地 Brule Formation, Nebraska, U.S.A.
サイズ 8.7cm×4.2cm×4.1cm
商品解説 パーフェクト!抜群の保存状態。いち早く寒冷化に対応したメリコイドドンの顎化石(Merycoidodon culbertsoni)。

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
三葉虫の販売
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展