ユニークな見た目で大人気のイエローセプタリアンのフリーフォームのトール標本 鉱物 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-1171-2055(平日10:00~18:00)メール:info@kaseki7.com(24時間対応)

※ 販売済みの鉱物の標本はこちら

ユニークな見た目で大人気のイエローセプタリアンのフリーフォームのトール標本/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【ot1396】

ユニークな見た目で大人気のイエローセプタリアンのフリーフォームのトール標本/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【ot1396】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。

こちらは高さ9cmの大きなイエローセプタリアンです。面白い模様で大変人気のある鉱物です。

イエローセプタリアンの面白い見た目に魅了されたあと、多くの人はこう思うのでしょう?「これって一体どうやってできたの?」

たしかに、なんとも不思議な模様ですね。この模様にはできあがるまでのプロセスの秘密が隠されています。

この茶色の部分はもともと泥でした。生物の死骸がもととなっている可能性もあります。いわゆるノジュールですね。ノジュールとなるのは、生物が死骸となったのちアンモニアが発生し、海水に含まれる炭酸カルシウムと反応し、死骸のまわりに集積するためです。

泥の塊となって硬く固化するのに何百万年もかかっただろうと考えられています。いったん固化したのち、徐々にひび割れを起こしたと考えられます。その隙間に、カルサイトを含む水溶液が流れ込み、このようなフリーフォームになったと考えられるのです。このフォルムはユニークな続成作用の結果なのですね。

あとから流入したカルサイトというのが、写真の半透明の黄色の部分です。

もう一度復習してみましょう。固化する、ひび割れる、カルサイトが流れ込む、という一連のプロセスになります。

この標本は写真の横幅が9cmもある、かなり大きな標本です。

カルサイトの状態も優れており、非常に綺麗です。

まるで卵の割れかけのようではありませんか。

白亜紀の地層から採集されたものです。恐竜が生きていた時代のものですね。

手のひらと比較すると、大きさが伝わるでしょうか。

100円玉との比較。確かに宝石でもなければ貴石でもありません。しかし、こんなにユニークな鉱物が他にあるでしょうか?

商品スペック
商品ID ot1396
時代 中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)
学名 ユニークな見た目で大人気のイエローセプタリアンのフリーフォームのトール標本
産地 Madagascar
サイズ 7.4cm×5.3cm×高9cm
商品解説 ユニークな見た目で大人気のイエローセプタリアンのフリーフォームのトール標本

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
三葉虫の販売
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展