ナウマンゾウの大腿骨 化石 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ 恐竜 レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-3550-1734(平日10:00~18:00) メール:info@kaseki7.com(24時間対応) お買い物ガイドはこちら

ナウマンゾウの大腿骨/新生代第四紀(260万年前 -- 現在)【ot074】

ナウマンゾウの大腿骨/新生代第四紀(260万年前 -- 現在)【ot074】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。
商品スペック
商品ID ot074
商品ID 新生代第四紀(260万年前 -- 現在)
学名 ナウマンゾウの大腿骨
産地 日本明石近海
サイズ 29cm(ロングカーブ 本体最長部)
商品解説 明石近海で引き上げられたナウマンゾウの大腿骨化石です。関節部分も明確に確認できます。大腿骨化石らしく、29cmという大きなサイズと重量があります。

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

ナウマンゾウとは?
日本にもいた東アジアの古代ゾウ

ナウマンゾウは約2万年前の新生代更新世後期の東アジアに生息していた、絶滅したゾウの一種である。ゾウ目 -?ゾウ科に属し、アジアゾウと近縁であるとされる。日本、朝鮮半島、中国に分布していた。

やや小型だが牙が大きく発達

肩高2.5m~3mで、現生のアジアゾウと比べ、やや小型である。氷河期の寒冷な気候に適応するため、皮下脂肪が発達し、全身は体毛で覆われていたと考えられている。牙(切歯)が発達しており、雄では長さ約240cm、直径15cmほどに達した。この牙は小さいながらも雌にも存在し、長さ約60cm、径は6cmほどであった。

古代の日本人と対決していた

ナウマンゾウは当時の人類の狩猟の対象であったと考えられている。日本においては約2万年前に絶滅したとされるが、これは日本列島に(現生)人類が現れた後期旧石器時代にあたる。
ナウマンゾウなどのように大型の動物の歯や骨の化石は「龍骨」(または「竜骨」)と呼ばれ、古くから収斂薬、鎮静薬などとして用いられてきた。

正倉院にも宝物として保存されている

正倉院には「五色龍歯」(ごしきりゅうし)と呼ばれるナウマンゾウの臼歯の化石が宝物として保存されている。

ナウマンゾウ

画像・文 「ナウマンゾウ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展