赤ちゃんでも既にハンターなのだ!ドロマエオサウルスの赤ちゃんハンドクロウ(Haching Doromaeosaurus Hand Claw) 恐竜 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ 恐竜 レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-3550-1734(平日10:00~18:00) メール:info@kaseki7.com(24時間対応) お買い物ガイドはこちら

赤ちゃんでも既にハンターなのだ!ドロマエオサウルスの赤ちゃんハンドクロウ(Haching Doromaeosaurus Hand Claw)/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【di685】

赤ちゃんでも既にハンターなのだ!ドロマエオサウルスの赤ちゃんハンドクロウ(Haching Doromaeosaurus Hand Claw)/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【di685】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。
赤ちゃんでも既にハンターなのだ!ドロマエオサウルスの赤ちゃんハンドクロウ(Haching Doromaeosaurus Hand Claw)(その1)

ドロマエオサウルスの赤ちゃんのハンドクロウです。手爪のことです。

赤ちゃんでも既にハンターなのだ!ドロマエオサウルスの赤ちゃんハンドクロウ(Haching Doromaeosaurus Hand Claw)(その2)

赤ちゃんとはいえ、すでに成体と変わらない形状をしたハンドクロウを備えていたことが分かります。驚きですね。

赤ちゃんでも既にハンターなのだ!ドロマエオサウルスの赤ちゃんハンドクロウ(Haching Doromaeosaurus Hand Claw)(その3)

わずか1cmにも満たないサイズでありながら、すでに血抜き溝が形成されています。またハンドクロウ特有の薄く鋭い形状が確認できます。

赤ちゃんでも既にハンターなのだ!ドロマエオサウルスの赤ちゃんハンドクロウ(Haching Doromaeosaurus Hand Claw)(その4)
赤ちゃんでも既にハンターなのだ!ドロマエオサウルスの赤ちゃんハンドクロウ(Haching Doromaeosaurus Hand Claw)(その5)

こんなに小さい!

赤ちゃんでも既にハンターなのだ!ドロマエオサウルスの赤ちゃんハンドクロウ(Haching Doromaeosaurus Hand Claw)(その6)

爪の先端に伸びはじめの先端のような構造が確認できますね。成体のものでは見かけない様な感じがします。これは成長していく最先端部分を意味しているのでしょうか。興味深いですね。

赤ちゃんでも既にハンターなのだ!ドロマエオサウルスの赤ちゃんハンドクロウ(Haching Doromaeosaurus Hand Claw)(その7)
赤ちゃんでも既にハンターなのだ!ドロマエオサウルスの赤ちゃんハンドクロウ(Haching Doromaeosaurus Hand Claw)(その8)

ドロマエオサウルスは白亜紀後期の北米でティラノサウルスやトリケラトプス、エドモントサウルス、アンキロサウルスらと同じ地域で生息していました。大人になると体長3mに達し、非常に素早い動きで敵を襲ったとされています。後肢に鋭いかぎ爪をもっていました。

赤ちゃんでも既にハンターなのだ!ドロマエオサウルスの赤ちゃんハンドクロウ(Haching Doromaeosaurus Hand Claw)(その9)
赤ちゃんでも既にハンターなのだ!ドロマエオサウルスの赤ちゃんハンドクロウ(Haching Doromaeosaurus Hand Claw)(その10)

大きくて立派な爪が魅力的なことはもちろんですが、このような赤ちゃん恐竜の爪は、同様にレアな逸品と言えるでしょう。

ネームカード
小ケース

商品スペック

商品ID di685
商品ID 中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)
学名 赤ちゃんでも既にハンターなのだ!ドロマエオサウルスの赤ちゃんハンドクロウ(Haching Doromaeosaurus Hand Claw)
産地 アメリカ・ヘルクリーク累層
サイズ ロングカーブ計測0.7cm
商品解説 赤ちゃんでも既にハンターなのだ!ドロマエオサウルスの赤ちゃんハンドクロウ(Haching Doromaeosaurus Hand Claw)

目にいたくないくらい小さい!でもとても状態の良い爪をしています。

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

ドロマエオサウルスとは?

鳥に限りなく近い恐竜

ドロマエオサウルスとは、白亜紀前期から絶滅まで北米大陸で繁栄したデイノニコサウルス類に属する恐竜のグループです。

外見は鳥に良く似ており、少しなら飛ぶことができたかもしれません。

ドロマエオサウルス

高い知能と高い運動能力

最大の特徴は体の割合からすると相当大きかった脳の容量です。この脳の大部分が運動能力を司る小脳で構成されていたとすれば、抜群の運動神経を誇ったと考えられます。大脳であるとすれば、組織的な動きで狩を行ったのかもしれません。

ジュラシックパークで主人公らを苦しめ大活躍をしたヴェキラプトルと同じ仲間のグループにあたります。

映画で描かれたように50km/hを超える速度で移動し、その長く鋭いカギ爪で集団でいっせいに相手に飛び掛り、狩をしたと考えられています。

ドロマエオサウルス

100%ハンター宣言

後足の人差し指が上を向いており、これは相手に飛び掛る際、しっかりホールドするのに大変役立ったのではないかと考えられています。

体の構造が100%ハンター仕様になっていることから、白亜紀のハンターなどと呼ばれることがあります。

画像『Dromaeosaurus』。URL:http://en.wikipedia.org/wiki/引用

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展