フライングモンスター、モロッコ産白亜紀の翼竜、アンハングエラの歯化石(Anhanguera sp.)。専用ケース付き。 化石 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-1171-2055(平日10:00~18:00)メール:info@kaseki7.com(24時間対応)

※ 販売済みのアンハングエラの標本はこちら

フライングモンスター、モロッコ産白亜紀の翼竜、アンハングエラの歯化石(Anhanguera sp.)。専用ケース付き。/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【di1134】

フライングモンスター、モロッコ産白亜紀の翼竜、アンハングエラの歯化石(Anhanguera sp.)。専用ケース付き。/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【di1134】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。

こちらは中生代白亜紀のモロッコに生息していた翼竜アンハングエラ(Anhanguera)の化石です。先端まで残された上質化石です。

翼竜と聞いて最初に思い浮かべるのは何でしょうか?やはりプテラノドンではないでしょうか?プテラノドンは歯を持たないことで知られています。そのため翼竜全般、歯がないと思われがちです。ところが実際には歯を持つ翼竜は少なくありません。アンハングエラは歯を持つ翼竜の代表格と言えるでしょう。

ご覧の通り、非常に鋭い歯を持っており、主に魚や小動物を捕食していたと考えられています。

翼を広げると4メートル以上にもなったという非常に大きな翼竜で、その翼を広げ、海面を滑空し、水面に口を突っ込んで魚を捕食する姿が描かれることが多いです。実際にはそのようなスタイルをとっていたかは分かりませんが、後肢が非常に小さいことを考えると、(歩きながらではなく)滑空しながら捕食した可能性は相当程度高いと推察されます。

歯には稜線らしい稜線はなく、セレーションも存在しません。突き刺すために進化したものと考えられます。この点も魚食を裏付ける一つの証拠と言えるかもしれませんね。

100円玉との比較。カーブ計測で21ミリ。アベレージサイズの標本です。先端とエナメル質が残された上質化石です。

商品スペック
商品ID di1134
時代 中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)
学名 フライングモンスター、モロッコ産白亜紀の翼竜、アンハングエラの歯化石(Anhanguera sp.)。専用ケース付き。
産地 Morocco
サイズ カーブ計測2.1cm
商品解説 フライングモンスター、モロッコ産白亜紀の翼竜、アンハングエラの歯化石(Anhanguera sp.)。専用ケース付き。

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展