アロサウルスのコレクター必見!極上の保存状態を示すアロサウルス(Allosaurus fragilis)の極太歯化石 恐竜 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-1171-2055(平日10:00~18:00)メール:info@kaseki7.com(24時間対応)

※ 販売済みのアロサウルスの標本はこちら

アロサウルスのコレクター必見!極上の保存状態を示すアロサウルス(Allosaurus fragilis)の極太歯化石/中生代ジュラ紀(1億9500万 -- 1億3500万年前)【di1080】

アロサウルスのコレクター必見!極上の保存状態を示すアロサウルス(Allosaurus fragilis)の極太歯化石/中生代ジュラ紀(1億9500万 -- 1億3500万年前)【di1080】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。

こちらは、あのアロサウルスの歯化石です。極上品。アロサウルスの化石は採集される数が少ないのに加えて、コレクターに絶大な人気があるため、非常に手に入りにくい標本の一つです。

こちらは極上のエナメル質が保存された最上位ランクと言って良い歯化石です。

先端には顎の繰り返される開閉による摩擦によって自然とできた痕と考えられます。この種の痕はティラノサウルス・レックスの歯化石にも観察される場合がありますので、ご存知のかたも多いでしょう。欠損ではありません。

ご注目いただきたいのは、極上のエナメル質や先端の生々しい摩耗だけではありません。このぷっくりとした立体感。非常にボリュームのある歯化石です。42ミリ(ロングカーブ計測)のサイズ以上に大きく感じます。

そしてアウターサイドにはセレーションがずらり。セレーションとは鋸状の構造のこと。ギザギザした部分です。獲物の肉を切り裂くための進化した構造と言えるでしょう。

極上のエナメル質から放たれる光沢。

もう一度ご覧いただきましょう。ナチュラルにできたと思われる摩耗の痕。

少し凹んでいます。これも本来の構造で圧縮によるものではありません。

しつこいようですが、あまりにも見事なので、もう一度。

この歯はおそらくプリマックス、つまり前上顎骨歯であると思われます。ご覧のようにアウターサイドが大きく膨らんでいる点も特徴の一つ。

アロサウルスの成体の体長はおよそ8.5メートルと言われています。化石の断片的な証拠から、最大で12メートルに達する可能性が示唆されています。12メートルというとティラノサウルス・レックスに匹敵するサイズですが、弊社で過去に取り扱った歯化石のサイズでいえば、レックスを脅かすほど大きな歯化石はありませんでした。40ミリを超えればアロサウルスの歯化石としてはアベレージかやや大きい程度と言えるでしょう。

底から撮影。非常に太い歯化石であることが分かります。

写真下側が口から外に向いていたサイドと思われます。

100円玉との比較。これ以上望めないほど極上の保存状態を維持したアロサウルスの歯化石です。アロサウルスのコレクター垂涎のアイテムです。

商品スペック
商品ID di1080
時代 中生代ジュラ紀(1億9500万 -- 1億3500万年前)
学名 アロサウルスのコレクター必見!極上の保存状態を示すアロサウルス(Allosaurus fragilis)の極太歯化石
産地 Morrison Formation, Utah, U.S.A.
サイズ 4.2cm(ロングカーブ)
商品解説 アロサウルスのコレクター必見!極上の保存状態を示すアロサウルス(Allosaurus fragilis)の極太歯化石

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

アロサウルスとは?

1964年に、上野の国立科学博物館に、日本で初めて恐竜の骨格標本が登場 それがアロサウルスでした!!

日本の皆さんに馴染み深いアロサウルスは、ジュラ紀の北米で食物連鎖の頂点

同時代に存在していた草食恐竜(ステゴサウルス等の鳥脚類、アパトサウルス(通称:ブロントサウルス)等の竜脚類)を捕食していたと考えられている。歯単体の化石も結構存在し、頻繁に抜け落ちたと考えられている。

画像「アロサウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.org

激しい戦闘を繰り返していた

アパトサウルスとアロサウルスの足跡が同じ場所から見つかっており、アロサウルスが追いかけていたとされる。またステゴサウルスの尾のスパイク(4本のトゲ)がアロサウルスに一撃をかました痕跡や、ステゴサウルスの首にアロサウルスの噛み痕も見つかっている。

体調は平均8.5メートル、最大で12-13メートルとされる

画像「アロサウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.org

また、お互いの仲も悪かったらしく、アロサウルスの肋骨から他の個体の歯の化石が発見されたり、肩甲骨に他の個体の歯の跡らしきものが残っていた例がある。またバッカーの発掘地からは共食いされたアロサウルスの骨が見つかっている。

画像「アロサウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.org

アロサウルス大量死体のなぞ

ユタ州のクリーブランド・ロイド発掘地で、少なくとも73体分の恐竜の化石が集中して発見された。なぜそこにアロサウルスの化石が集中していたのかはわかっていないが、なぜかばらばらに重なり合っていた。

画像「アロサウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.org

このミステリアスな状況を受け、10本程度の論文が書かれた。その一例は、「泥や沼あるいは湧水池で足を取られて溺れた」「干ばつ時に水溜りに集まった個体がそのまま息絶えた」などである。いずれにしろこの化石の山のおかげで、アロサウルスは最も解明の進んだ獣脚類となり、大人気となった。


顎の力はそんなに発達しておらず、このように広角に口を広げ、一気に上あごを振り下ろして敵を襲っていたと考えられる

画像「アロサウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.org

骨髄炎で死んだアロサウルス

1991年に発見されたビッグ・アルと名づけられたアロサウルスは骨の研究の結果、感染症の骨髄炎で5本の肋骨、5個の椎骨、4個の足の骨をやられていた。これは致命傷と考えられている。

画像「アロサウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.org

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
三葉虫の販売
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展