ザ・パーフェクト、滅多にマーケットに出ないティラノサウルス科の雄、ゴルゴサウルス(Gorgosaurus libratus)の歯化石 ティラノサウルス科 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-1171-2055(平日10:00~18:00)メール:info@kaseki7.com(24時間対応)

※ 販売済みのゴルゴサウルスの標本はこちら

ザ・パーフェクト、滅多にマーケットに出ないティラノサウルス科の雄、ゴルゴサウルス(Gorgosaurus libratus)の歯化石/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【di1047】

ザ・パーフェクト、滅多にマーケットに出ないティラノサウルス科の雄、ゴルゴサウルス(Gorgosaurus libratus)の歯化石/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【di1047】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。

こちらの漆黒のエナメル質に包まれた歯化石は、あのゴルゴサウルスのものです。ティラノサウルス科の歯化石を収集しているコレクターであれば、見逃すことのできない、重要なピースであるとご存知でしょう。上質な標本はほとんどマーケットに出回りません。

ある意味、お金を積んでもなかなか手に入らないタイプの標本と言えるでしょう。絶対数が少ない上に、すぐに上級コレクターに収集されてしまうからです。ましてこのように上質の標本であればなおさらです。

このアウターセレーションの状態だけ見ても、収集の価値が有ることが一目瞭然おわかりいただけるはずです。

さらにはこのインナーセレーションの保存状態。

セレーションは根本までびっしりと続いています。

さらには、このジェムのような光沢。エナメル質の保存状態が並外れている証拠です。

しかしながら、この歯化石の本当の素晴らしさは、そういった枝葉ではありません。何と言っても、この形状の良さ。成体の歯ならではの分厚さ。ティラノサウルス科の恐竜らしい威厳を兼ね備えています。

成体の歯化石である証拠は、この分厚い根本。当時、食物連鎖の頂点に立っていた生物のごっつい歯化石です。

パーフェクトとしか形容のしようがない完璧な歯化石です。

少しでもライトが良い角度で当たろうものならば、ビロードのような厚い光沢を放ちます。

芸術品の域。本当に美しい歯化石です。

形がよく、厚みがあります。

少しねじれたセレーションの稜線。もちろん、続成作用によってねじれたものではなく、オリジナル本来の構造です。

化石というより宝石の味わい。

分厚いルートをもう一度御覧ください。ゴルゴサウルスの歯化石で5cmを超え、しっかりとした厚みを持ったものは大変希少です。

セレーションをさらに拡大。セレーションは実は、このような粒が連続した構造になっています。

セレーションの構造は、その位置によって微妙に変化します。アウターはミドルセクションはこのようにチャックのような構造をしているのです。

100円玉との比較。パーフェクトとしか形容のしようがない、完璧な歯化石です。

繰り返しになりますが、サイズ、厚みともに申し分なく、両面ともに完璧。それで、あのティラノサウルス科のなかでも特に希少な恐竜であるゴルゴサウルスの歯化石なのですから、私のテンションの高まりもご理解いただけるのではないかと思います。次にいつご紹介できるか、分かりません。

商品スペック
商品ID di1047
時代 中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)
学名 ザ・パーフェクト、滅多にマーケットに出ないティラノサウルス科の雄、ゴルゴサウルス(Gorgosaurus libratus)の歯化石
産地 Montana, USA
サイズ ロンガクーブ5.8cm
商品解説 ザ・パーフェクト、滅多にマーケットに出ないティラノサウルス科の雄、ゴルゴサウルス(Gorgosaurus libratus)の歯化石

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

ゴルゴサウルスとは?
名前の由来

ゴルゴサウルスの名前は、”おそろしい爬虫類”という意味です。白亜紀後期(7700万年から400万年前)の北米(西地方)に生存してました。

ティラノサウルスの仲間である獣脚類ティラノサウルス科に属し、草食恐竜などを捕食していました。ゴルゴサウルスの化石は他の獣脚類とたびたび混同されてきた経緯があります。現在でも、アルバートサウルスと区別することが容易ではありません。

ゴルゴサウルスの特徴

ゴルゴサウルスは他のティラノサウルスの仲間と同じように、二足歩行をし、成体ともなれば1t以上にもなる巨大な体躯(たいく)を有していました。また、鋭く巨大な何十という歯をしっかりとしたアゴに並べていました。ティラノサウルス科に見られる、2本指を持った小さい腕(巨大な体躯に比較して)という特徴もやはり持っています。

画像「ゴルゴサウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

ゴルゴサウルスはアルバートサウルスに大変近いと考えられています。またティラノサウルスともやや遠いながらも似ている面が多数あります。アルバートサウルスとは酷似しているといっても過言ではなく、頭骨の微妙な違いが種の判別に使われています。

専門家の中には、アルバートサウルスはゴルゴサウルスの成長の中途段階の幼体ではないかと主張する人たちがいます。

ゴルゴサウルスは、食物連鎖の頂点にたつ恐竜として、海の近くの湿地地帯の付近に生存していました。こういった地域には、角竜類(トリケラトプスなどの仲間)やハドロサウルスがたくさん生きており、こういった草食恐竜を捕食していました。

同じ地域には、同じティラノサウルス科の恐竜であるダスプレトサウルスがおり、共存共生していたようです。ダスプレトサウルスはゴルゴサウルスと同じくらいの立派な体躯を有し、両者の間には専門家でないと見分けが付かない程度の違いしかありません。

もう少し詳しくゴルゴサウルスを見ていきましょう。

画像「ゴルゴサウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

ゴルゴサウルスの体躯

ゴルゴサウルスはティラノサウルスやタルボサウルスより小さく、アルバートサウルスやダスプレトサウルスとほぼ同程度の大きさです。成体になれば、8~9mになります。

古生物学者の意見では、もっとも大きな成体では、推定2.4t程度の体重があったということです。これは現生の象の半分にも達する体重です。競走馬にして5頭分にも及びます。ティラノサウルスに比べますと、おおよそ半分程度の体重になります。

頭骨の大きさは実際に発掘されているもので、最大のもので99cmで、これはダスプレトサウルスの頭骨よりやや小さいサイズです。ほかのティラノサウルスの仲間と同じように、体に比べて、特に頭骨が大きい特長があります。

画像「ゴルゴサウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

ハドロサウルスを襲うゴルゴサウルス

アルバートサウルスとゴルゴサウルスは、ダスプレトサウルスや他のティラノサウルスの仲間に比べて、長細い(スマートな)頭骨を有していました。

ゴルゴサウルスの歯の特徴

ゴルゴサウルスの歯は他のティラノサウルスの仲間とよく似ています。8つの前上顎骨歯が上あごの鼻先に並んでいます(Dの字形状をしている点や他の歯に比べて小さい点も同様に似ています)。総じて、幅広い歯(ティラノサウルス科ではない獣脚類の特徴)ではなく、頑丈で太いタイプの歯を持っています。

ゴルゴサウルスは8本の前上顎骨歯と26-30本の前歯、30-34本の下アゴ歯を持っており、やはりアルバートサウルスやダスプレトサウルスと同じ程度の数になります(ティラノサウルスやタルボサウルスに比べるとやや少ない)。

ゴルゴサウルスは1914年にローレンス・ランベにとって最初に記載されました。その名前はギリシャ語のGorgos(恐ろしいの意)に由来しています。

画像「ゴルゴサウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

カナダアルバータ州、ロイヤルティレル博物館

種の混同

20世紀に、いくつかの種が間違ってゴルゴサウルスと認定されてきた経緯があります。モンタナ州ヘルクリークで見つかったやや小さいティラノサウルス科の全身骨格はゴルゴサウルス・ランセンシスと命名(1946年)されました。この種はのちにロバート・バッカーによってナノティラノヌススと再命名(1988年)されています(ナノティラヌスは現在でも、ティラノサウルスの幼少期と考えている考古学者が多数います)。

ダスプレトサウルスとの共存共生

ダイナソーパーク塁層では、ゴルゴサウルスはダスプレトサウルスと共存共生していました。これは、その地域での食物連鎖の頂点に立つ二種が共存している、という点で大変珍しく、現生でも例がないといわれています。

なぜ、このようなことが生まれたのか、いまだ解明されていませんが、1970年にデール・ラッセルは一つの重要な事実を発見しています。ゴルゴサウルスは積極的に、水かき状の足を持つハドロサウルスを捕食しており、一方で、敵にするにはやっかいな角竜類やアンキロサウルスはダスプレトサウルスに任せていたのではないかという点です。

しかしながら、ダスプレトサウルスの化石の中から、ハドロサウルスの幼体が発見されていることもあり、完全に捕食対象が分かれていたわけでもなさそうです。

ゴルゴサウルスVSダスプレトサウルス

ゴルゴサウルスとダスプレトサウルスのどちらが圧倒的に優れている部分もなく、ほぼ同程度の体格と能力を有していましたが、ゴルゴサウルスはどちらかというとやや北のほうで多数発見されていますが、ダスプレトサウルスは南でよく発見されている、という特徴があります。同様のことが、カスモサウルスやハドロサウルスなどの草食恐竜でもあったようです。

そこで古生物学者のホルツは、次のような考えを発表しています。ゴルゴサウルス、ダスプレトサウルス、カスモサウルス、ハドロサウルスの住みたい場所が違った。何ともファジーな発表ではありますが、ゴルゴサウルスはやや寒さに強く、ダスプレトサウルスが弱いとすれば、ありうる話です。

白亜紀もいよいよ後期の後期になってくると、ティラノサウルス・レックスのような超巨大なティラノサウルス科が出現し、南北問わず、制覇していきます。

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
三葉虫の販売
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展