ハドロサウルス科の雄、エドモントサウルスの顎の”先端付近”の歯化石 恐竜 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ 恐竜 レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-3550-1734(平日10:00~18:00) メール:info@kaseki7.com(24時間対応) お買い物ガイドはこちら

ハドロサウルス科の雄、エドモントサウルスの顎の”先端付近”の歯化石/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【di1033】

ハドロサウルス科の雄、エドモントサウルスの顎の”先端付近”の歯化石/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【di1033】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。

こちらは「カモ」のくちばしに似た吻部を持つ恐竜としてよく知られているハドロサウルス科の恐竜のなかで最大に進化したエドモントサウルスの歯化石です。歯冠から歯根まで、その特徴をよく備えた良質標本です。

根本まで残されています。

こちらが全形。エドモントサウルスの歯はとても特徴的で、このような長細い形をした歯が多数、詰め込まれるように顎に並んでいました。

こちらは歯の先端だと思いますか?それとも根本でしょうか?答えは先端です。先端なのになぜこのように擦り切れているのでしょうか?これは、エドモントサウルスの噛み方に起因しています。主食の草木を上下から噛み潰すだけでなく、横にスライドさせて噛み切ったため、徐々にこのように擦り切れていったのです。そして、もう一つ知っておきたいことは、エドモントサウルスは、あごの前の列の歯のみがこのようにすり減ったと考えられています。つまり、この歯化石は顎の先端付近に並んでいたと考えられます。

長さおよそ23ミリです。

表面のうねりや凹凸が完全に残されています。

尾根と谷の落差が非常に大きい。

左側が先で右側が根です。やや先端のほうが大きい。他のほとんど恐竜の歯化石は根本のほうが太いのですが、これは多数の歯が並んでいるため、各々がお互いを支え合っていたため、それほど根本が太くなくても安定したのでしょう。

決して大きくはありませんが、ディティールが見事に保存されています。摩耗部分には主(あるじ)の息遣いを感じざるを得ません。

全形がしっかり残っているのはもちろんのこと、失われやすいディティールも保存されています。エドモントサウルスの顎の先の歯化石です。

ネームカード
小ケース
商品スペック
商品ID di1033
時代 中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)
学名 ハドロサウルス科の雄、エドモントサウルスの顎の”先端付近”の歯化石
産地 アメリカ・ヘルクリーク累層
サイズ ロングカーブ計測2.3cm
商品解説 ハドロサウルス科の雄、エドモントサウルスの顎の”先端付近”の歯化石

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

エドモントサウルスとは?

エドモントサウルスは白亜紀最後期に北米に反映した鳥脚類の草食恐竜です。かなり巨大で最大で13mまで成長し、現在のカモノハシのようなくちばしをもった個性的な恐竜でもあります。

エドモントの名前は、最初の固体が発見された地域であるカナダ・エドモントにちなんでのもの。

エドモントサウルスといえば、NY自然史博物館に展示されているミイラ化石。皮膚化石まで克明に残っており、恐竜を解明する上で大きな貢献を果たした。最初のエドモントサウルスは、1908年著名な化石コレクター チャールズ・スタンバーグ (Charles Sternberg) によってワイオミング州で発見されました。皮膚はいくらかの筋肉と共にほぼ完全な形で保存されています。

画像「エドモントサウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展