赤、緑、青、紫色の発色が強いレインボーアンモライト片 アンモナイト 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ 恐竜 レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-3550-1734(平日10:00~18:00) メール:info@kaseki7.com(24時間対応) お買い物ガイドはこちら

赤、緑、青、紫色の発色が強いレインボーアンモライト片/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【al090】

赤、緑、青、紫色の発色が強いレインボーアンモライト片/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【al090】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。

本標本は、とにかくこの部分をご覧頂きたい!これ、色をつけた訳ではありません。(もちろんですが。)自然が織り成す芸術品です。レインボー色にくっきりはっきり強く発色しております。

まるでクレヨンで色分けしたかのような、明るく元気なアンモライトです。

稀少色青も、エメラルドグリーンも、黄色も赤も全て一度に楽しめます。オールスター饗宴といったところでしょうか。

そして、何よりもすごいのは、あのカラフルな面からはガラっと変わって、青一色のところがあるんです。希少色青色が広く光る面です。ぜいたくです。

こんな感じでずーっと青色です。美しすぎます。

こういったアンモライトは、およそ7000万年の時をかけ、アンモナイトが化石化してつくりだされるのですが、奇跡といってもよいくらいですよね。これが、生物の化石なのですから。

無論、世界中のどのアンモナイトもアンモライトに変わるわけではありません。カナダ、アルバータ州でのみ、しかも土地の条件が整ったところでのみで発掘される、大変貴重なものです。

このような青色の発色がなぜ希少と言われるのか。それはアンモライトを構成する層の厚みと関係があります。アンモライト自体の層はおよそ0.5~0.8mmといった、非常に薄い層からできているのです。なかでも、青や藍色は、0.5mに近い、薄い層でなっています。薄い板状の積み重なった層が、光の干渉によって青色に見える光り方をするのです。層が薄いということは層が脆い、ともいうことで、発掘しても青色が出る数自体が少ないのです。

しかし、本標本はこれでもかと、青色が広い面で発色しています。ちらっと青が見える程度ではありません。一度に青色がどばっと光ります。かなりレアだと思われます。

こんな感じで青一色!ビューティフル!

厚みは2cmと、取り扱いはしやすいと思います。

裏面はこんな感じ。表のみが光ります。

ところで、アンモライトが光っているところの形、何かに似ていると思いませんか?何だかどこかの地図のような・・・。そうです。左側の青色に光っているところがオーストリア大陸、右側が南米大陸のようではありませんか?大陸同士がくっついたような形をしているんです。とっても面白いですね!

青のアンモライトを探しておられた方に。または発色が強いアンモライトをお求めの方には納得の標本です。

ネームカード
高級カード
商品スペック
商品ID al090
時代 中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)
学名 赤、緑、青、紫色の発色が強いレインボーアンモライト片
産地 Albert, Canada
サイズ 横 16cm / 縦 10cm / 厚み 2cm /  630g
商品解説 赤、緑、青、紫色の発色が強いレインボーアンモライト片です。

ここまではっきりあらわれるか!と思うほど、色が強く、発色するビビッドなアンモライト片です。

16cmと、幅が広く、所有感を高めてくれる納得のアンモライトです。

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

アンモライトとは?

アンモナイトの中で、特に虹色に光り輝く化石を「アンモライト」と言います。1981年にCIBJO(国際貴金属宝飾品連盟)によって正式に宝石に認定されました。

世界で唯一、カナダだけ

アンモライトは、カナダのアルバータ州でしか産出されません。この採掘場だけ、圧力・温度・周りの岩石の成分が最高のバランスを保ちアンモナイトを1億年かけて虹色に輝かせました。

薄い・もろい・少ない、だから価値がある!

アンモライトの殻は数mm程度でもろく、無損傷の感全体は数十万~数百万円で取引されています。価値はもちろんサイズと遊色度合いに依存します。原石のカケラや、カケラを加工した装飾品が一般に市場に出ています。

地球がつくった最高傑作

アンモライトは見る角度を変えると様々な色に光ります。これを遊色と言います。1億年の歳月を感じながら手にとって眺めていると時間の経つのも忘れてしまいます。

アンモライト 販売

アンモライトをつくった大自然、アルバータ州の国立公園

アンモライト 販売

アルバータ地方でのアモンライトの採掘現場。

画像「ammolite」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

さらに詳しいアンモライトのこと

白亜紀後期のカンパニアン紀、北アメリカ大陸のベアパウ層とよばれる地層で保存された、光輝くアンモナイトのことを「アンモライト」と呼びます。

どこで採れる?

アンモナイトが数千万年の時を経て宝石化したものを、人々は特別に「アンモライト」と名付けたのは、そう昔のことではありません。古代の世界中の海にアンモナイトは存在すれど、アンモライトと呼べる石は、北米のBeapaw層だけで見つかっているごくかぎられたアンモナイト化石です。ベアパウ(Beapaw)層は、カナダ西部のアルバータ州とアルバータ州の東側に位置するサスカチュワン州を経て、さらに南に下ったアメリカのモンタナ州に至る地層です。この地層だけに、宝石の輝きをもつアンモライトが眠っています。

なぜアンモライトはできた?

ロッキー山脈が走る北米大陸の内陸部にあたるベアパウ層からなぜ、海中生物であるアンモナイト(のちにアンモライト)が発見されるのでしょうか?それは、白亜紀当時、北米大陸には内陸に内海が存在したからです。西部内陸海道(WesternInteriorSeaway)と名付けられた内海は、白亜紀中期から後期、海進により、ロッキー山脈を境界にして大陸を東と西に二分する巨大な海でした。東をアパラチア(Appalachia)大陸、西をララミディア(Laramidia)大陸とよんでいます。その後、隆起によって海岸線が後退して、海の中にあった地面が陸上にあらわれてきます。いわゆる海退が起こると、アンモナイトは粘土質のベントナイトという層に堆積して埋もれることになったわけです。

アンモライトは粘土に覆われてできた

現在では、軟膏や化粧品、猫の砂にも用いられるベントナイトとよばれる粘土ですが、この粘土質に覆われたのが良かったのです。アンモライトにとっては、殻の表面のアラレ石(アラゴナイト)を変質されることなく保存でき、方解石に変わることなく、鉄やマグネシウムといった鉱物に置換することができたのです。

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展