縦に置いても円い!横に置いても円い!円弧で光るアンモライト アンモナイト 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-1171-2055(平日10:00~18:00)メール:info@kaseki7.com(24時間対応)

※ 販売済みのアンモライトの標本はこちら

縦に置いても円い!横に置いても円い!円弧で光るアンモライト/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【al058】

縦に置いても円い!横に置いても円い!円弧で光るアンモライト/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【al058】

クレジットカードのボーナス払いが可能に。

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。

まあるいフォルムが珍しい、アンモライトです。写真からはわかりにくいかもしれませんが円弧状の表面が光っています。

皆様にお譲りしているアンモライト片は平面状の部分が光るものがほとんどです。が、今回のアンモライトはまあるい形でころころっキラキラッとひかる、可愛いタイプです。

でも、しっかり光るんですよ。この、緑色の輝きをご覧ください。蛍光色のような光り方です。こちらのアンモライトは蛍光灯で光をしっかり当ててあげたほうが、よく光ります。

緑色に加えて、赤、青色なども主張をはじめました。見ているだけで明るい気持ちになってしまいます。

表面はラウンド型で、光る面には当然角度がついています。それゆえ、光を当てたとき端から端までいっぺんに光りまくるということはありません。そこがいいんです。次はどこにスポットライトを当てようか・・・。そんな気持ちになって鑑賞の楽しみがまた一つ増えます。

例えばこういう配色が出たときは嬉しいですね。

しばし見入ってしまいます。

あるいは、希少な青色を発見したとき。

一番上の一枚目の写真と見比べてみてください。光の当て方でこうもニュアンスが変わります。おもしろいっ!

オーシャンブルーも現れました。?海の世界が広がっていくよう。ビタミンカラーの黄色も登場です。

縦置きも安定します。横ほどの安定感ではないので、粘土をご使用ください。

宝石のよう。右下の赤色部分は、ステンドグラスのようにも見えます。

アンモナイトの形状を彷彿とさせるラウンド型はとても珍しいです。まあるいフォルムがどうしてもにくめない、ずっと大切にしたくなるアンモライトです。

商品スペック
商品ID al058
時代 中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)
学名 縦に置いても円い!横に置いても円い!円弧で光るアンモライト
産地 Albert, Canada
サイズ 幅6cm / 高さ4cm / 厚み4.5cm / 215g
商品解説 とても珍しい形をした、円弧状のアンモライト片の登場です。

本標本は円柱から切り取ったような、まあるいフォルムをしています。
縦置きにしても、横置きにしても、愛らしい円い形が現れます。これだけでもかなりの面白さがある標本です。

化石セブンがお譲りしているアンモライト片の多くは、光る面が平面状の場合がほとんどなのですが、本標本は光る面がラウンド状で円弧部分全てが光るので、光り方に奥行きが感じられます。

配色は、黄緑や緑色の発色が主で、見方によっては紫色や青色、時にビビッドなオレンジ色がきらきらっと顔をのぞかせます。

蛍光灯で強く光を当てると、緑と青緑色のきれいな色が現れます。

横置きが最も安定しますが、粘土を少し用いると縦置きでも安定します。置き方によって色の出方が変わります。お好きな角度を見つけて見てください。

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

アンモライトとは?

アンモナイトの中で、特に虹色に光り輝く化石を「アンモライト」と言います。1981年にCIBJO(国際貴金属宝飾品連盟)によって正式に宝石に認定されました。

世界で唯一、カナダだけ

アンモライトは、カナダのアルバータ州でしか産出されません。この採掘場だけ、圧力・温度・周りの岩石の成分が最高のバランスを保ちアンモナイトを1億年かけて虹色に輝かせました。

薄い・もろい・少ない、だから価値がある!

アンモライトの殻は数mm程度でもろく、無損傷の感全体は数十万~数百万円で取引されています。価値はもちろんサイズと遊色度合いに依存します。原石のカケラや、カケラを加工した装飾品が一般に市場に出ています。

地球がつくった最高傑作

アンモライトは見る角度を変えると様々な色に光ります。これを遊色と言います。1億年の歳月を感じながら手にとって眺めていると時間の経つのも忘れてしまいます。

アンモライト 販売

アンモライトをつくった大自然、アルバータ州の国立公園

アンモライト 販売

アルバータ地方でのアモンライトの採掘現場。

画像「ammolite」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

さらに詳しいアンモライトのこと

白亜紀後期のカンパニアン紀、北アメリカ大陸のベアパウ層とよばれる地層で保存された、光輝くアンモナイトのことを「アンモライト」と呼びます。

どこで採れる?

アンモナイトが数千万年の時を経て宝石化したものを、人々は特別に「アンモライト」と名付けたのは、そう昔のことではありません。古代の世界中の海にアンモナイトは存在すれど、アンモライトと呼べる石は、北米のBeapaw層だけで見つかっているごくかぎられたアンモナイト化石です。ベアパウ(Beapaw)層は、カナダ西部のアルバータ州とアルバータ州の東側に位置するサスカチュワン州を経て、さらに南に下ったアメリカのモンタナ州に至る地層です。この地層だけに、宝石の輝きをもつアンモライトが眠っています。

なぜアンモライトはできた?

ロッキー山脈が走る北米大陸の内陸部にあたるベアパウ層からなぜ、海中生物であるアンモナイト(のちにアンモライト)が発見されるのでしょうか?それは、白亜紀当時、北米大陸には内陸に内海が存在したからです。西部内陸海道(WesternInteriorSeaway)と名付けられた内海は、白亜紀中期から後期、海進により、ロッキー山脈を境界にして大陸を東と西に二分する巨大な海でした。東をアパラチア(Appalachia)大陸、西をララミディア(Laramidia)大陸とよんでいます。その後、隆起によって海岸線が後退して、海の中にあった地面が陸上にあらわれてきます。いわゆる海退が起こると、アンモナイトは粘土質のベントナイトという層に堆積して埋もれることになったわけです。

アンモライトは粘土に覆われてできた

現在では、軟膏や化粧品、猫の砂にも用いられるベントナイトとよばれる粘土ですが、この粘土質に覆われたのが良かったのです。アンモライトにとっては、殻の表面のアラレ石(アラゴナイト)を変質されることなく保存でき、方解石に変わることなく、鉄やマグネシウムといった鉱物に置換することができたのです。

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展