巨大水棲生物のモノと思しき、巨大な糞化石(コプロライト)サイズ、状態、形、テクスチュアともに申し分なし! 化石 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-1171-2055(営業時間 平日10:00~18:00) メール:info@kaseki7.com(午前中のメールは即日返答)

※ 販売済みの恐竜のウンチ化石の標本はこちら

巨大水棲生物のモノと思しき、巨大な糞化石(コプロライト)サイズ、状態、形、テクスチュアともに申し分なし!/新生代(6500万年前 -- 現在)【ot871】

巨大水棲生物のモノと思しき、巨大な糞化石(コプロライト)サイズ、状態、形、テクスチュアともに申し分なし!/新生代(6500万年前 -- 現在)【ot871】

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。

デカい!見事な糞化石。マダガスカル産の糞化石です。新生代の何らかの生物の糞なのですが、生物の種類までは不明です。それにしても大きい。

これほどの大きさの糞であれば、その主もそれなりの大きさの生物であると考えるのが妥当でしょう。少なくとも人間よりも大きそうです。水中生物であれば巨大な亀が考えられます。それも相当なサイズの亀でしょう。

非常に立体的で、ゴツゴツしています。糞化石としてはこれ以上にない形。数ある糞化石のなかでも、相当レアです。

テクスチュアもしっかり残っています。

写真ではわかりづらいのですが、太い部分の厚みは尋常ではありません。一体どのような巨大生物の糞なのでしょうか。

ペットショップなどで買える亀の糞の大きさは数センチ程度。全く比較になりません。その事実からしても、主の巨大さが容易に想像できますね。

675gありますので、手のひらにずっしりと重さが感じられます。

立体を保ったまま保存されていますので、おそらく水棲生物の糞化石ではないかと推察されます。

糞化石のコレクター垂涎の標本です。サイズ、状態、形、テクスチュアともに申し分なし!

商品スペック
商品ID ot871
時代 新生代(6500万年前 -- 現在)
学名 巨大水棲生物のモノと思しき、巨大な糞化石(コプロライト)サイズ、状態、形、テクスチュアともに申し分なし!
産地 Madagascar
サイズ 12.5cm×9cm×7cm 675g
商品解説 巨大水棲生物のモノと思しき、巨大な糞化石(コプロライト)サイズ、状態、形、テクスチュアともに申し分なし!

弊社で販売している標本の種名の同定について

コプロライトとは?
動物(恐竜)のウンチの化石「コプロライト」とは?

動物の糞(ウンチ)が化石になったものを「コプロライト」と言います。恐竜の糞も、もちろんコプロライトの仲間です。

コプロライトは「生痕(せいこん)化石」と言われます。生痕化石とは、文字通り、生きた痕跡のことで、生物そのものではなく、生物の活動の痕跡が岩石などに残されたものを指します。

コプロライトを分析することで、動物が生きていた当時の活動などを知る手掛かりになる、非常に重要な化石なのです。たとえば、その動物が一体何を食べていたのか、など明らかになる可能性を秘めています。ある意味、その動物の骨の化石以上に、その動物のことを知ることができるかもしれません。

まして、恐竜のように絶滅している種においては、その当時の環境を知る手掛かりにもなります。

それ以上に、われわれコレクターは、恐竜がその当時の植物や、エサとなった恐竜を食べて排泄された糞そのものに、感動を覚え、ロマンを感じてしまうものではないでしょうか。

恐竜の骨化石以上に、ロマンを感じることができます。恐竜時代のコプロライトにもなれば、組織の多くがミネラル化し、美しいインテリアになりえるのです。コレクターの中には糞化石ばかりを収集するコプロライトコレクターなるものが存在するくらいですから。

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展