琥珀ってなに?

樹脂は樹液(じゅえき)が木の外に出たときに固まったものです。樹液とは、木の中心部で作られた栄養物を運ぶ液体です。

この樹液は、木の皮が裂けたりして中身がむきだしになった際に、木を守ろうとしてネバネバとした液体となって出てきます。

液体がネバネバ状なのは、木の中に病気の元になる物質をいれないようにしたり、虫たちが中に入ってくるのを防いだりするためです。ちょうど、みなさんが擦り傷を作ったときに、傷口に軟膏をぬったり、消毒液をかけて皮膚の健康を守るのと似ていますね。

まとめると、次の通りです。

樹液が樹皮からにじみ出て、硬くなったものが樹脂です。木の皮が裂けたり、枝が折れたりして出てきた樹脂が、地面に落ちます。土にだんだん樹脂がたまっていき、ある地層の中で数百万年、数千万年の間にじっくり化石化すると琥珀になるというわけです。