子ども用プレゼントに最適!本物恐竜歯化石から隕石まで、人気種がそろったオールスター6点セット 化石 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-1171-2055(営業時間 平日10:00~18:00) メール:info@kaseki7.com(午前中のメールは即日返答)
  • メールマガジンに登録しませんか
  • 15時までのご注文は即日発送!

※ 販売済みのお得なバラエティ化石の標本はこちら

子ども用プレゼントに最適!本物恐竜歯化石から隕石まで、人気種がそろったオールスター6点セット/詳しくは商品説明をご確認ください【ot543】

子ども用プレゼントに最適!本物恐竜歯化石から隕石まで、人気種がそろったオールスター6点セット/詳しくは商品説明をご確認ください【ot543】

送料無料 税込み 6,500円 この価格で分割払いした場合は? | スマホ向けサイトはこちら

特に人気の高い6種類の古代化石をセットにした「オールスター6点セット」です。バラエティ豊かな組み合わせですので、恐竜や化石に興味あるお子様のプレゼントや、はじめて化石をコレクションされる方に最適です。

黄金色が美しい琥珀(こはく)です。こはくは木の樹液が染み出して土に埋没して化石になったもので、様々な宝飾品としておなじみです。本品は特に手を加えていないオリジナルの品です。こはくは当時の大気を含んでいたり、木々などの有機物を閉じ込めていたりすることから、古代からのタイムカプセルのような存在でもあります。

成長すると肉食恐竜としては史上最大級の大きさになったと言われるスピノサウルスの歯化石です。本品は最大級のものではありませんが、縦シワや真っ直ぐ伸びた形状がスピノサウルスならではのものです。映画ジュラシックパーク3ではティラノサウルス・レックスを凌ぐ活躍を見せ一躍有名になりました。

古代の海のモンスターといえば、モササウルスです。白亜紀後期の海でアンモナイトなどを捕獲していたとされるモササウルスの歯化石です。海のティラノサウルスと言われることから分かるように、その強靱なアゴの力で、当時の海の支配者として君臨していたとされています。

最も有名な化石のジャンルといえばアンモナイトでしょう。あえてジャンルと申し上げたのは、アンモナイトと一口にいっても、その種類はなんと1万種類にも達すると言われています。そのバリエーションの豊富さがいつの時代もコレクターの心をとらえて離しません。

古生代の海を代表する水性生物といえば、三葉虫を外すことはできないでしょう。その奇々怪々な形状は一度見たら忘れることはできません。三葉虫の種類は無数にあり、その形状もさまざまです。本標本は、ディアカリメネ(モロッコ産)と呼ばれ、ダンゴムシのようなインパクトのある形状で人気があります。ダンゴムシというと陸上生物のようですが、三葉虫は海を泳いでいた水性生物です。

今回、隕石を加えることが出来ました。この隕石は、NWA869という名前が付いています(落下場所は落下年が判明している隕石には、名前が付いているものが大半です)。NWA869は、2000年にアフリカに落下したことが確認されています。隕石は、外観や成分によって細かく分類されていますが、この標本は、石質隕石のLコンドライトになります。隕石には鉄分賀含まれているものが多いのですが、本標本はやや低金属の標本になります。磁石を近づけると金属と反応して引き合うことがお分かりいただけるでしょう(磁石はご用意ください)。

各ジャンルから人気の標本を一堂に集めた6点セットです。自然物ゆえ、大きさや質はさまざまですので、その点はあらかじめご了承ください。

隕石は磁気を帯びていて、磁石に反応します。

良質の本物化石をバランスよく取り合わせてお届けします。

ギフトボックス箱にお入れして、ラッピングすることも可能です。ご注文時にご年齢などお知らせいただければ、それに応じたラッピング包装をいたします。

商品スペック
商品ID ot543
時代 詳しくは商品説明をご確認ください
学名 子ども用プレゼントに最適!本物恐竜歯化石から隕石まで、人気種がそろったオールスター6点セット
産地 商品説明をご確認ください。
サイズ 100円玉との比較をご覧ください。ただし自然物ゆえ、お届けするものは写真と完全に同一ではありません。
商品解説 ※全ての標本に振り仮名入りの説明カードが付きます。
・スピノサウルス歯(Spinosaurus) :モロッコ産 白亜紀
・モササウルス歯(Mosasaurus):モロッコ産 白亜紀
・三葉虫(trilobite):モロッコ産 オルドビス紀
・琥珀(AMber):ドミニカ産 新生代
・隕石(Meteorite):北アフリカ産 NWA869 L Chondrite 発見年:2000年

※隕石はケース付です。
※本物化石&隕石ですので、1点1点の形が異なります。組み合わせは各標本のバランスをとりながらお作りします。写真はサンプルです。ご了承ください。

※ラッピングをご希望の方は、ラッピングをしてお届けします。(無料)注文時にラッピング希望を選択ください。

弊社で販売している標本の種名の同定について

オールスター6点セットとは?
琥珀(こはく)って何?

琥珀(こはく)は、樹脂(じゅし)とよばれるものが長い時間をかけて化石になったものです。では樹脂とは何か?樹脂は樹液(じゅえき)が木の外に出たときに固まったものです。樹液とは、木の中心部分で作られ、栄養物を運ぶ液体です。この樹液、木の皮が裂けたりして中身がむきだしになった際に、木を守ろうとしてネバネバとした液体となって出てきます。ネバネバ状の液体であるのは、木から病気の元となる物質を入れないようにしたり、虫たちが木の中に入ってくるのを避けるようにするためです。ちょうど、みなさんが擦り傷を作ったときに、傷口に軟膏をぬったり、消毒液をかけて皮膚の健康を守るのと似ていますね。まとめると、次の通りです。樹液が樹皮からにじみ出て、硬くなったものが樹脂です。木の皮が避けたり、枝が折れたりして出てきた樹脂が、地面に落ちます。土にだんだん樹脂がたまっていき、ある地層の中で数百万年、数千万年の間にじっくり化石化すると琥珀になるというわけです。


画像「琥珀」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.org

スピノサウルスの歯の特徴

例えるなら、「かっちかちの石のたけのこ」です。見た目はたけのこみたいでやわらかそうですが、手にするとずっしり重くて冷たいです。こんな尖った石のような歯が古代の水辺で毎日のように魚に突き刺さりまくっていたとは・・・。魚も即死どころのさわぎではなく、一瞬でこの石のたけのこが何本もささり原型をとどめていなかったことでしょう。

名前はトゲのあるトカゲの意味。1915年にエジプトで発見。ジュラシックパーク3でティラノサウルスとの一戦以来人気が爆発。

実は肉食恐竜最大の17m(ティラノサウルスは13m)。体重は4トン。

ワニのような細長い鼻面で、背中には1.8メートルにもなる大きな帆をもつ。この帆は脊椎骨から一本一本直接延長したもので、それらを皮膚がつないでいる(うちわのような構造)。雄同士の威嚇、体温調整の役目があったとされる。

スピノサウルス 画像

なんでも食っていたモササウルス

モササウルス (Mosasaurus )は、白亜紀後期に生息していた肉食の海棲爬虫類。現在のオオトカゲ類に近い仲間だと考えられている。力強い尾と4本の櫂のような肢を持っていました。顎は蛇のように可動し、魚、亀、軟体動物、及び貝類を食料としていたと思われています。

画像「モササウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.org

トカゲといっても、足はヒレであるので地上に上がることはなかった。顔はワニそっくり。体長は最大で12~3mであり、その後の時代を生きたメガロドンとほぼ同様のサイズである。今のオオトカゲやワニなどとは比べ物にならないほど大きい。12~3mと言うと大型バスよりもずっと大きい。

アンモナイトとは?

カタツムリの一種ではありません!実は、イカやタコの仲間。デボン紀から白亜紀まで栄え、恐竜と共に絶滅。

画像「アンモナイト」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL: http://ja.wikipedia.org

三葉虫とは?

古生代に世界中の海に住む節足動物でした。

三葉虫の名前の由来は、体が3つの部分に分かれていることから付けられました。背中側から見てみると、真ん中、右側、左側というふうに、3つのパーツに分かれているのです。英名のTrilobite(トリロバイト)は、『tri(三つの)+lob(葉,房)+ite(石)』という意味で、一つの言葉にすると、『三つの葉の石』となります。

三葉虫は敵から身を守るために体を丸めて防御していました。ちょうど現生のダンゴムシのような格好です。他には、砂から眼だけを出して様子を伺ったり、毒を出すものもいました。魚類が出現してからは、全身に鋭いトゲをもつものまで現れました。

種類はなんと1万種類以上に及びます。三葉虫は、古生代の前半に繁栄して、古生代の終わりに絶滅しました。約3億年に渡って栄えたのです。ですから次々と形を変えていて、進化した三葉虫の種類は1万種にも及ぶといわれています。その種類の多さから日本でも大変人気の高い化石の種類の一つです。アンモナイトでにぎわう古代の海の中、覗いてみたくなりますね!

隕石NWA869とは?

隕石(meteorite)はギリシャ語のmeteoron(空中のもの、天上のもの)に由来します。

また、隕石の「隕」は「高いところ(空)から 落ちてくる」という意味で 「隕石=高いところから落ちてくる石」です。

今回のセットの隕石はNWA869の名がついている隕石です。隕石の分類では「石質隕石(せきしついんせき)」となります。太陽系のちりが衝突・合体してできた天体の一部と考えられており、より詳細な分類では、「Lコンドライト」となります。隕石には鉄分が含まれているものが多く、その分量によって詳細に分類されています。NWA869はやや低金属に分類されますが、それでも強力な磁石であれば、くっつきます。

 

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展