肉眼レベルではこの歯を味わい尽くせない!エナメル質、セレーション、サイズ、すべてにおいて高次元。ティラノサウルス・レックスの歯化石 ティラノサウルス科 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-1171-2055(営業時間 平日10:00~18:00) メール:info@kaseki7.com(午前中のメールは即日返答)

※ 販売済みのティラノサウルスの標本はこちら

肉眼レベルではこの歯を味わい尽くせない!エナメル質、セレーション、サイズ、すべてにおいて高次元。ティラノサウルス・レックスの歯化石/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【di961】

肉眼レベルではこの歯を味わい尽くせない!エナメル質、セレーション、サイズ、すべてにおいて高次元。ティラノサウルス・レックスの歯化石/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【di961】

SOLD OUT 売却済み | スマホ向けサイトのトップページはこちら

この商品は売却済みとなりました。

ロングカーブ計測6.9cmに達す、実に立派な風体を持つ、ティラノサウルス・レックスの歯化石をご紹介します。

このエナメル質の美しさを御覧ください。ナチュラルな標本でしか味わうことができない、非常に美しい表面の艶です。

そして、このセレーション!鳥肌が立ちませんか。失われやすいロングカーブ側のセレーションがこれほどまでしっかりと保存されている標本は本当に希少です。

深みのあるシックブラウン。ナチュラルだから、一色ではありません。一様に見えて、濃淡があります。また、独特の皺があるのです。

両面ともに素晴らしい保存状態。

エナメル質の保存状態という点では、弊社で過去に取り扱ったティラノサウルス・レックスの歯化石のなかでも、最上位の標本の一つです。本当に美しい標本です。

複雑な皺のパターンや濃淡がありつつ、同時に、なめらかな光沢を放ちます。状態が「抜群」でなければ、こうはいきません。

本標本を最初に手にした方は、きっと、この光沢に目を奪われることでしょう。他にも多数良い点があるのですが、光沢の美しさは格別です。

そして、光沢を楽しんだあと、気を取り直して、細部に目を移すと、この素晴らしいセレーションに目が行くはずです。

御覧ください。このセレーションのディティール。セレーションは、”ギザギザ”と表現されますが、実際には、そんな単純なものではありません。粒状の連続した構造物とそれを支える細かい皺によって構成される芸術品です。

こちらはアップです。これをご覧いただければ芸術品といっても大げさではないことがお分かりいただけることでしょう。

トップチップ付近の素晴らしい保存状態。

ギザギザというより、むしろチャックのような構造をしていることがお分かりいただけることでしょう。そして、エナメル質のパターンも合わせてご覧ください。肉眼レベルで見ると、茶色一色のように見えたエナメル質は、実はこんなに複雑で細かい構造をしています。ナチュラルな標本でなければ、このような素晴らしいパターンを拝むことは不可能です。

そして、3番目に注目していただきたいのはこのサイズ。ロングカーブ6.9cmの歯化石はこんなにも大きいのです。ティラノサウルス・レックスの名を語るにふさわしいサイズを誇ります。エナメル、セレーションといった保存状態の評価があまりにも高いため、サイズが後回しになってしまいましたが、実に立派な歯化石であることがお分かりいただけたことでしょう。

どちらから見ても、威厳と迫力があります。もう一度繰り返しますが、肉眼レベルで見ているだけではこの歯化石の凄みの半分も分かりません。ルーペで表面をじっくりご覧いただくと、この歯化石がいかにナチュラルで美しいか、はじめて堪能することができます。すべての要素が高次元に整った素晴らしい歯化石です。本当に良いものを厳選してコレクションしたい方に強くおすすめするマスターピースです。

商品スペック
商品ID di961
時代 中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)
学名 肉眼レベルではこの歯を味わい尽くせない!エナメル質、セレーション、サイズ、すべてにおいて高次元。ティラノサウルス・レックスの歯化石
産地 アメリカ・ヘルクリーク累層
サイズ ロングカーブ計測6.9cm
商品解説 肉眼レベルではこの歯を味わい尽くせない!エナメル質、セレーション、サイズ、すべてにおいて高次元。ティラノサウルス・レックスの歯化石

地質年代

弊社で販売している標本の種名の同定について

ティラノサウルスとは?
白亜紀の暴君、最強の恐竜、ティラノサウルスの知られざる秘密

1990年に発見された通称スーが最大の化石骨格で体長13m、推定体重は6tです。これはアフリカ象の中でもスーパーヘビー級の固体と同等かそれ以上の体重です。

異様に大きく、巨大な頭部骨格

最強の恐竜といわれるティラノサウルスは、体から比べても相当に頭部骨格が大きいことが分かっています。太くて長い歯、頑丈で大きなアゴを使い、獲物の肉を食いちぎり、噛み砕くように進化したのでしょう。これは他の獣脚類であるスピノサウルス、アロサウルス、アルバートサウルス、ディロング、タルボサウルス等と比べても、言えることです。

異様に小さい前肢

体はがっちりと巨大で、それにふさわしい後肢とかぎ爪を持っていましたが、それに比べて前肢は極端に小さいことで有名です。前肢は基本的に仮に使用していなかったのかもしれません。前肢の用途についてはさまざまな説があります。面白い説としては起き上がるときに補助的に使用した、というものがあります。

巨体を支える合理的な肢先の構造

1m近く巨大な足の甲から爪にかけての構造は非常に合理的に出来ており、6tにも及ぶ現生の巨像をはるかに超える体重をしっかりと受け止めることができました。研究者によれば、この肢の甲に構造には体重を支える特別な構造をしていたことが分かっています。

巨大な後肢は、他の獣脚類の中でも最も比率が大きいことが分かっています。巨大な頭と巨大な肢で特徴付けられるのがティラノサウルスであるといえます。

ティラノサウルスの眼

ティラノサウルスの眼は現生の肉食動物のライオンやトラと同様、前方を見据える形についていました。これはティラノサウルスは外敵が少ないハンターであったことをあらわしています。草食動物のように常に周りからの攻撃に配慮する必要がある動物の眼は左右が離れて付いています。

ティラノサウルスの嗅覚

ティラノサウルスの嗅覚は非常に発達していたと考えられています。わずかな血のにおいも見逃さなないハンターの鼻です。

画像「tyrannosaurus」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.org

シカゴのフィールド博物館

ティラノサウルスの歯

ティラノサウルスの歯は非常に太く長いのが特徴です。他の獣脚類に比べてもその特徴は明確で、切り裂くというよりは噛み砕くのに適していました。歯根(歯額の中に埋まっている部分)も非常に長かったという事実がよりこの特性を裏付けています。歯茎より上、つまり見えている部分が7-8cmにも関わらず、歯茎に埋まっている部分が22-23cmという化石が実際に発見されています。

ティラノサウルスには羽毛があった?

一部の研究者によれば、ティラノサウルスは羽毛で覆われていた、という説があります。寒暖の激しい期間を乗り切るために、体を温めるために羽を持っていたというのです。また、他の説では子供のころに羽毛があったとしても、大人になれば体温が高くなることが考えられ、完全になくなっていたのではないか、というものがあります。そもそも、この羽毛論の発端は、同じ獣脚類であるコエロフィシスやディロングの羽毛の痕跡付き化石が発見されたことにあります。コエロフィシスやディロング(ファイナルファンタジーのチョコボにそっくり)はかなり小さい恐竜であることから体温を失いやすく、羽毛をまとっていたのかもしれません。そうであれば少なくともティラノサウルスの子供には羽毛が存在した可能性はあります。

ティラノサウルスの寿命は何歳?

前述の巨大化石、「ス-」を調べると、年齢は28歳であることが分かりました(骨の状態で判断が可能)。また、化石を詳しく調べると、かなり痛んだ骨であることが分かり、寿命が近いのではないかと考えられました。従いまして、ティラノサウルスの寿命は30歳前後だと推測されています。ティラノサウルスは20歳くらいまで成長し、その後、徐々に老化していきました。5歳以下の若いティラノサウルスは必ずしも最強とは言えなかったようです。

ティラノサウルスは脚が速い?遅い?

ティラノサウルスはどのくらいの速度で走ることが出来たのでしょうか。一部の研究者は時速60kmで走ることができたと主張しましたが、現在では、骨や体のバランスなどから時速30kmにも満たない速度だったと考えられています。この点からトリケラトプス。エドモントサウルスのような比較的鈍足の草食恐竜を身を潜めて待ち伏せして狩をしたのではないかと考えられます(実際にトリケラトプスの化石からティラノサウルスの噛み跡が発見されています)。またワニなども狩りの対象になったと考えられています。

ティラノサウルスの狩りは単独行動?それとも集団行動?

ティラノサウルスと同じ北米の大型獣脚類のアルバートサウルスが大人と子供の化石が同箇所で発見されたことから、獣脚類といえど、集団で狩りをしていたことが明らかになりました。このことから、ティラノサウルスもその可能性があるのではないか、と考えられています。

ティラノサウルス・レックス

死肉もあさった?

ティラノサウルスの嗅覚は非常に敏感であることから、死体のにおいをかぎつけることは容易であったと考えられます。その為、死肉をあさることも決して珍しくなかったでしょう。

ティラノサウルスの起源はアジアにある

恐竜コレクターの永遠のアイドル、ティラノサウルスにも同じタイプの仲間が世界各地に沢山いました。ここで簡単に紹介しましょう。

我々日本人にとってうれしい?事実

ティラノサウルス類は実はアジアから生まれました。ティラノサウルスの仲間は中生代の白亜紀になってアジアに現れました。この頃のティラノサウルスの祖先は非常に小さく、体長3mにも満たないものでした。彼らが当時、アジアとつながっていた北米へと渡り白亜紀後期にあの超巨大獣脚類のティラノサウルスが現れることになったのは意外と知られていません。さて、そのアジアで生まれた祖先をご紹介します。

シャンシャノサウルス 体長 3m 白亜紀後期 中国

さてなぜシャンシャノサウルスはティラノサウルスの仲間と判明したのでしょうか。それは、ティラノサウルス類に共通の特徴が存在したからです。

ティラノサウルス類共通の特徴

頭部骨格の眼の後ろの部分がBの字をしている左右の鼻の骨が結合し、強固になっている

この特徴を持った恐竜が世界各地で見つかり、ティラノサウルスの仲間であると考えられています。当時世界はアフリカを除いて陸続きであったことから、アジアから北米に大きく移動していきました。移動するたびに体を大きく、白亜紀後期それも隕石衝突の直前に最も巨大化します。それが皆さんがよく知るティラノサウルス・レックスなのです。

モンゴルアリオラムス 体長 5m

タルボサウルス 体長 9m

アレクトロサウルス 体長 5m

北米 アウブリソドン体長 3m

ダスプレトサウルス 体長10m

アルバートサウルス 10m

ゴルゴサウルス 9m

実は日本にもティラノサウルスの仲間がいたといわれています。つまり、前述の特徴をもった恐竜の化石が発見されました。石川県白山市でただ1本の歯が発見されています。

ティラノサウルスとスピノサウルス、いったいどっちが強いのか?

ティラノサウルスVSスピノサウルス

ティラノサウルス科最強の証、D型歯の秘密

ティラノサウルス科のみに観察されるD型歯とは?

ティラノサウルスの頭部はどれくらい大きかったの?


人間の男性と比較!あなたは大きいと感じますか?それとも・・・。

ティラノサウルスの頭はどれだけでかい?検証!

ティラノサウルス科最強の系譜

ティラノサウス科最強の系譜の秘密 バナー画像

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展