化石販売の化石セブン スマホ専用サイト

29ミリ、ビッグ!琥珀コレクター垂涎のアイテム、恐竜時代の琥珀、バーマイト(Burmite)のビッグサイズ標本/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6600万年前) 化石セブンスマホ専用サイト


こちらはミャンマー産の琥珀、バーマイトです。旧国名のビルマから名付けられました。バーマイトは非常に古い琥珀だと考えられています。その起源はなんと約1億年前にさかのぼります。恐竜時代の針葉樹の樹液が非常に長い時間をかけて化石化したというのが通説です。高倍率のルーペで内部を除くと、ご覧のように虫を内包しています。


ミャンマーでは、古くから琥珀の採掘が行われていました。とくに20世紀初頭には積極的に行われたそうです。その当時は、バーマイトの古さなどはよく分かっていなかったのですが、近年、ロンドン自然史博物館の研究で、非常に古い琥珀であることが判明しました。白亜紀にしか含まれていないインクルージョン(内包物)が発見されたのです。


こちらの個体はご覧のように、かなりのサイズがあり、透明度も高く、見栄えがいたします。


高倍率のルーペで内部をのぞいてみましょう。虫の肢のような物体や植物片、気泡などが見られますね。内包物も当時のものである可能性があります。ロマンの塊です。


バーマイトには恐竜時代の昆虫、植物片などが傷むことなく保存されているケースがあります。当時の環境を知る上で重要な資料になります。琥珀の原料である針葉樹の樹液は粘り気があり、水分を余り含んでいません。それゆえ細菌や菌類が比較的少ないとされています。また。樹液は時間が経つと硬い樹脂へと変化し、内包物を物理的に守る効果があります。また琥珀は化学的にも安定しており、酸や塩基(アルカリ)に対しても比較的耐性があります。したがって、外部の化学物質の影響もほとんど受けません。このような高い保存効果から、琥珀は「古代からのタイムカプセル」と呼ばれることがあります。


バーマイトは比較的小さな球体が多いのですが、こちらの標本はご覧のようにかなりのラージサイズ。


しかも、内部にさまざまな内包物が潜んでいます。ぜひ高倍率のルーペを用いて御覧ください。ルーペの選定方法は、コラム「化石を観察するときの、ルーペの選び方」を御覧ください。


左右29ミリほど。


100円玉との比較。琥珀コレクター垂涎のアイテム、恐竜時代の琥珀、バーマイトのビッグサイズ標本です。

問い合わせる

価格

商品ID:ot3668

時代:中生代白亜紀(1億3500万 -- 6600万年前)

産地:Myanmar

サイズ:2.9cm×2.1cm×厚0.9cm

商品説明:29ミリ、ビッグ!琥珀コレクター垂涎のアイテム、恐竜時代の琥珀、バーマイト(Burmite)のビッグサイズ標本

この商品は売却済みです。

琥珀 / こはく/ Amberのウンチクを見る

このウィンドウを閉じる

化石セブンのスマホ専用サイトです。
より詳細な情報はデスクトップ版で。

デスクトップ版はこちら