化石販売の化石セブン スマホ専用サイト

化石セブン史上最大級のバーマイトが登場!恐竜時代の琥珀として有名なミャンマー産の琥珀、バーマイト(Burmite)の特大標本/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6600万年前) 化石セブンスマホ専用サイト


こちらは東南アジア、ミャンマーで発見された琥珀、バーマイトです。ビルマイトと呼ばれることも。ミャンマーの旧国名、ビルマの名前から名付けられました。内部には虫が一匹、確認されます。


こちらのバーマイトは左右37ミリを超える特大の標本です。これまで取り扱ったバーマイトの中でも最大の個体です。


手のひらと比較すると、そのサイズがお分かりでしょう。長いだけでなく、非常に分厚く、最厚部12ミリもあります。それでいて、ご覧のように、素晴らしい透明度を維持しています。


バーマイトは近年の研究で、非常に古い時代に起源を持っていることが明らかになりました。なんと約1億年前の針葉樹の樹液が化石になったものと考えられています。内部に含まれる虫や植物片もその時代のものである可能性があります。1億年前といえば、まさに恐竜が大地を闊歩していた時代です。こちらには植物片と見られる葉の化石が見られます。


琥珀は化学的に安定をしており、一定の保護機能を有しています。十分に年月を経た琥珀は高分子構造を持ち、内包物を外部環境から保護します。ご覧のように、古代の虫が生存時に近い状態で保存されていることが分かります。


また琥珀は外部の酸素や微生物の侵入を防ぎ、密閉度が高いという特性があります。通常であれば容易に分解されてしまう虫もこのように保存されることがあります。


それにしても驚くべきサイズです。バーマイトは比較的小さな1センチ未満の標本が多い中、まさに特大の標本です。


左右37ミリ。


100円玉との比較。恐竜時代の琥珀として有名なミャンマー産の琥珀、バーマイトの特大標本です。内部に虫が1匹、保存されています。高倍率のルーペをご用意の上、御覧ください。

問い合わせる

価格

商品ID:ot3666

時代:中生代白亜紀(1億3500万 -- 6600万年前)

産地:Myanmar

サイズ:3.7cm×2.8cm×厚1.2cm

商品説明:化石セブン史上最大級のバーマイトが登場!恐竜時代の琥珀として有名なミャンマー産の琥珀、バーマイト(Burmite)の特大標本

この商品は売却済みです。

琥珀 / こはく/ Amberのウンチクを見る

このウィンドウを閉じる

化石セブンのスマホ専用サイトです。
より詳細な情報はデスクトップ版で。

デスクトップ版はこちら