化石販売の化石セブン スマホ専用サイト

古来より高貴を表す象徴として親しまれてきた鉱物アメシスト(amethyst)/Unknown 化石セブンスマホ専用サイト


スクエアカットのアメシスト標本をご紹介します。アメシストは和名を紫水晶とよび、言葉のとおり、紫色、すみれ色の水晶のことをさします。


アメシストは古代より王侯貴族に親しまれてきた鉱物です。たしかに紫色は、西洋でも東洋でも共通して高貴な人が身につける色、というイメージがあります。それはどうしてなのでしょうか?


これは、紫色は自然界では出にくい貴重な色である、というのが理由にあげられるようです。ヨーロッパでは、紫色の染料というのは、海に生息する紫貝の内臓から採っていたようですが、これが大変貴重なものだったようです。そのため、自ずと使用できる人が限定され、高貴な人にしか身につけることができない代物となりました。植物で言えば、紫の染料になっている「紫草」とよばれる栽培方法が、非常に難しいものだったためにやはり希少なものとして知られていたようです。


日本でも紫色は高貴な色として古来より考えられていますね。604年に制定された冠位十二階という制度では、朝廷に仕える臣下を12種類の等級に分けて地位を表す冠を授けていましたが、最も位の高い色はやはり紫色でした。


鉱物アメシストの存在を知ったとき、高貴な位にある人々が、この神秘的な美しさに惹かれないはずはありませんでした。彼らは様々な身の回りのものに(宝飾品や印章など)アメシストを用いていたようです。ちなみに、アメシストが紫色であるのは、微量の鉄イオンを含むことに起因します。


本標本、持ち上げてみるとなかなかの重さです。測ってみると260グラムありました。


一つの標本の中に、濃い紫、薄い紫、透明色と様々な色合いが見られるのも鑑賞の面白い点です。


紀元前の古来より、人々によって親しまれてきたアメシスト水晶のご紹介でした。

問い合わせる

価格:¥2,980

商品ID:ot1277

時代:Unknown

産地:Brazil

サイズ:7.3cm×5.7cm×4.2cm 260g

商品説明:古来より高潔さを表す象徴として親しまれてきた鉱物アメシスト(amethyst)260グラムのあり、重量感のある標本。濃淡の紫色が楽しめる良質標本。

このウィンドウを閉じる

化石セブンのスマホ専用サイトです。
より詳細な情報はデスクトップ版で。

デスクトップ版はこちら