化石販売の化石セブン スマホ専用サイト

始新世の北アフリカは危険!ド迫力!巨大ワニ(クロコダイル)、マロッコサクス・ゼンナロイ(Maroccosuchus zennaroi)の巨大歯化石/新生代(6500万年前 -- 現在) 化石セブンスマホ専用サイト


恐竜時代が終演を迎えた北アフリカに棲息していた巨大なクロコダイル、マロッコサクス・ゼンナロイの歯化石です。ロングカーブ計測で8.1cmという非常に立派なサイズを誇ります。


分厚く太い。典型的なワニの巨大歯の風体。


比較的大きく曲がったアウターカーブ。


先端は鋭く尖っているというより、やや丸みを帯びており、ごつい印象。


根本は非常に分厚い。


手で握ると、根本の分厚さが一層際立ちます。


マロッコサクスの歯化石の特徴は先端の丸みです。獲物を突き刺すのではなくホールドして噛み砕くために進化したと考えられます。圧倒的な咬合力をベースとしたハンティングスタイルを想像させます。


この歯先は、非常に特徴的です。徐々に丸みを帯びたというより、エナメル質が欠損していないことから、もともとこのフォルムのようです。


エナメル質のパターンが確認できます。状態良し。


巨大な歯根です。噛み付いてホールドするハンティングスタイルを下支えしています。


先端が摩耗して丸くなったわけではないことを示す、エナメル質の欠損がない頂部。


ロングカーブ計測8.1cm。


ロングカーブを上回る歯根の周長の8.8cm!


歯全体のフォルムが醸し出す迫力は、恐竜のそれと比較しても全く引けを取りません。


100円玉と比較すると、その迫力が際立ちます。始新世の北アフリカ、危険すぎる!!

問い合わせる

価格:¥26,000

商品ID:ot1104

時代:新生代(6500万年前 -- 現在)

産地:Morocco

サイズ:ロングカーブ計測8.1cm 周長8.8cm

商品説明:始新世の北アフリカは危険!ド迫力!巨大ワニ(クロコダイル)、マロッコサクス・ゼンナロイ(Maroccosuchus zennaroi)の巨大歯化石

マロッコサクス・ゼンナロイのウンチクを見る

このウィンドウを閉じる

化石セブンのスマホ専用サイトです。
より詳細な情報はデスクトップ版で。

デスクトップ版はこちら