化石販売の化石セブン スマホ専用サイト

1億年前のアラゴナイト層が未だに現役!マダガスカル産ハイクラスの遊色アンモナイト、クレオ二セラス(Cleoniceras sp.)/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前) 化石セブンスマホ専用サイト


マダガスカルの白亜紀の地層には、世界屈指のイリデッセンス(iridescence)アンモナイトが眠っています。こちらはその一つ。


殻の表層部に残されたアラゴナイト層が美しいイリデッセンス(iridescence)を呈します。イリデッセンス(iridescence)とは、光の干渉(かんしょう)により、アンモナイトの殻が様々な色に輝く現象のことです。


なぜこのように美しくアンモナイトが輝くのか。詳しくはコラム”光るアンモナイトはなぜ「光る」のか?”を御覧ください。


緑、赤、黄など様々な光を呈します。しかも、光があたるとナチュラルな蛍光性を持っていることが分かります。


こちら可視光線のなかで最も波長が短い紫が!しかも、かなりはっきりと。紫は遊色のなかでも希少色とされています。これ以上波長が短い光は文字通り、”紫”外線ということになります。


たしかに直径48ミリとサイズは大きくありませんが、光の濃さ、美しさは明らかに一級。


様々な色が四方から飛び出すような、ややカオス的な光り方も魅力の一つ。


それぞれの光が強い!



光の玉のようです。お気に入りの写真を何枚かご紹介します。




いかがだったでしょうか。1億年以上前の標本が今でもこんなに美しく輝く、というのは想像を絶する事ではないでしょうか。


100円玉との比較。美しい遊色を呈する、マダガスカル産のイリデッセンス(iridescence)アンモナイトです。

問い合わせる

価格

商品ID:an1527

時代:中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)

産地:Madagascar

サイズ:直径4.8cm

商品説明:1億年前のアラゴナイト層が未だに現役!マダガスカル産ハイクラスの遊色アンモナイト、クレオ二セラス(Cleoniceras sp.)

この商品は売却済みです。

アンモナイトのウンチクを見る

このウィンドウを閉じる

化石セブンのスマホ専用サイトです。
より詳細な情報はデスクトップ版で。

デスクトップ版はこちら