化石販売の化石セブン スマホ専用サイト

白亜紀のアンモナイトらしいグロテスクな縫合線を楽しめる標本。オマケで遊色する箇所あり。/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前) 化石セブンスマホ専用サイト


こちらはマダガスカル産の白亜紀のアンモナイト、クレオニセラスの表面を研磨した標本です。


研磨すると、一皮むけて、アンモナイトの骨格である縫合線がむき出しになります。


縫合線(ほうごうせん)とは、アンモナイトの殻の内部を仕切る隔壁(かくへき)が外に現れた部分です。


こんなところにオマケが。遊色効果を楽しめます。遊色する層は最外殻にあるため研磨されるとなくなります。つまり、この箇所は研磨されていません。


それにしても見事な縫合線模様です。



反対面もすべて縫合線で覆われています。


こちらにも遊色する箇所が。



遊色と縫合線の共演。






100円玉との比較。白亜紀のアンモナイトらしいグロテスクな縫合線を楽しめる標本です。オマケで遊色する箇所あり。

問い合わせる

価格

商品ID:an1514

時代:中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)

産地:Madagascar

サイズ:直径8.3cm 厚2cm

商品説明:白亜紀のアンモナイトらしいグロテスクな縫合線を楽しめる標本。オマケで遊色する箇所あり。

この商品は売却済みです。

アンモナイトのウンチクを見る

このウィンドウを閉じる

化石セブンのスマホ専用サイトです。
より詳細な情報はデスクトップ版で。

デスクトップ版はこちら