化石販売の化石セブン スマホ専用サイト

北海道苫前産アンモナイトの群集化石、テトラゴニテス(Tetragonites glabrus)、ポリプチコセラス(Polyptychoceras sp.)/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前) 化石セブンスマホ専用サイト


新年、最初の標本は国産のアンモナイトから。こちらは北海道の白亜紀の地層を代表するアンモナイト、テトラゴニテス(Tetragonites glabrus)と異常巻きアンモナイトであるポリプチコセラス(Polyptychoceras sp.)が同居した群集化石です。


こちらにはテトラゴニテスが複数個体、存在します。縁部が丸みを帯びているのテトラゴニテスの特徴の一つ。ふくよかな印象を受けます。


そして、こちらには異常巻きアンモナイト、ポリプチコセラスが鎮座しています。ポリプロコセラスは直線と180度のターンを繰り返す非常に変わったフォルムをしています。


テトラゴニテスの殻には肋(ろく)と呼べるほどの凹凸はなく、非常になめらかです。こちらの標本は最外殻が残されており、美しい光沢を楽しめます。


北海道産アンモナイトらしい無骨な味わい。


北海道産アンモナイトの岩盤は総じて強固でクリーニングは容易ではありません。その割に、標本の保存状態は上々で、丁寧に作業が施されたことが分かります。


母岩含め4kgを超えるヘビー級の標本です。


ポリプリコセラスの面を楽しむのも良し。


テトラゴニテスの面を楽しむのも良し。定期的に鑑賞する面を変えることをおすすめします。


100円玉との比較。北海道産アンモナイトの見本市のようなマルチ標本です。

問い合わせる

価格:¥28,000

商品ID:an1495

時代:中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)

産地:北海道 日本

サイズ:テトラゴニテス(8.2cm 5.9cm 5.5cm)、 ポリプチコセラス 15.4cm、母岩含め全体23.2cm×17.1cm×高12.8cm 4525g

商品説明:北海道苫前産アンモナイトの群集化石、テトラゴニテス(Tetragonites glabrus)、ポリプチコセラス(Polyptychoceras sp.)。苫前町霧立大曲沢。

アンモナイトのウンチクを見る

このウィンドウを閉じる

化石セブンのスマホ専用サイトです。
より詳細な情報はデスクトップ版で。

デスクトップ版はこちら