化石販売の化石セブン スマホ専用サイト

ヘビのようなグロテスクなまでの縫合線!北海道産のハイクオリティアンモナイト/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前) 化石セブンスマホ専用サイト


北海道産の白亜紀のアンモナイトです。メヌイテスの1種だと思われます。


グロテスクなまでの縫合線が縦横無尽に殻を覆っています。


空洞のあった部分を石膏で充填していると思われ、しっかりと安定しています。安定感抜群です。


縫合線ばかりに目を奪われてしまいますが、厚みもスゴイ!直径最大部18cmに対して、10cm近い厚みがあります。これほど立体的な標本には滅多にお目に掛かれません。ゴージャス!!これだけ厚みがありますと、重量も3kgオーバー。手にしたときの重さは想像以上です。



うなってしまうほどの迫力です。


白亜紀後期のアンモナイトは一般的に縫合線が複雑なことで知られますが、古生代のアンモナイトの祖先と比べると、その味わいは全く異なります。



縫合線のディティールが失われ、ざっくりとした部分もあります。


全体的な形も抜群。


裏面はへそが削られています。


想像以上のサイズです。この角度で見ますと、コンパクトに見えますが、とんでもない!横綱級のボリュームです。




このボリューム感。


10cm近い厚み!


北海道産のアンモナイトはほぼ白亜紀の層から産出します。白亜紀には?まだ北海道は存在しておらず、ユーラシア大陸の辺縁で堆積したアンモナイトら海生生物が、現在の北海道西部で発見されています。


新生代に入って、日本海が拡大するとともに、北海道が形成され、それとともに、大陸辺縁部に堆積していた標本も移動してきたと考えられているそうです。まさに日本の形成とともに、やってきた標本なのですね。



ぜひこのグロテスクなまでの縫合戦とボリューム感をお楽しみください。

問い合わせる

価格:¥138,000

商品ID:an501

時代:中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)

産地:北海道 日本

サイズ:直径18cm 3075g

商品説明:ヘビのようなグロテスクなまでの縫合線!北海道産のハイクオリティアンモナイト

アンモナイトのウンチクを見る

このウィンドウを閉じる

化石セブンのスマホ専用サイトです。
より詳細な情報はデスクトップ版で。

デスクトップ版はこちら