ヴェロキラプトルの右足のレプリカ 恐竜 販売
化石販売の化石セブン ティラノサウルスの歯化石はこちら

化石ティラノサウルス 化石 レプリカ レンタル 模型・グッズ お問い合わせ
電話:050-1171-2055(営業時間 平日10:00~18:00) メール:info@kaseki7.com(午前中のメールは即日返答)
  • メールマガジンに登録しませんか
  • 15時までのご注文は即日発送!

※ 販売済みのヴェロキラプトルの標本はこちら

ヴェロキラプトルの右足のレプリカ/ 【re016】

ヴェロキラプトルの右足のレプリカ/ 【re016】

送料無料 税込み 19,900円 この価格で分割払いした場合は? | スマホ向けサイトはこちら

注文数 :  
商品スペック
商品ID re016
時代  
学名 ヴェロキラプトルの右足のレプリカ
産地    
サイズ 横17cm 高さ14cm 奥行き8cm
商品解説 ヴェロキラプトルの右足の実寸大レプリカです。

弊社で販売している標本の種名の同定について

ヴェロキラプトルとは?
白亜紀のモンゴルを疾風のごとく駆け抜けたハンター

足の速さにかけて右に出るものがない、「白亜紀のハンター」こと、ヴェロキラプトルをご紹介します。全長2mの運動神経抜群のやんちゃボーイ(メスもいます)といったところでしょうか・・・、ベロキラプトルはサッカーのミッドフィルダーのような無尽蔵の体力と広い視野、そして最大の武器であるキリングクローを持って、白亜紀の中国(モンゴル)を制していました。

画像「ヴェロキラプトル」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.or

集団で狩りを行っていた凶悪集団

ヴェロキラプトルは化石の分析から、集団で狩をしていたのではないか、という説があります(反対意見も多数)。そもそもは虫類である恐竜が群れで狩をし、集団で生活をしていたのか、というのは大変興味深い議論ですが、少なくとも、ヴェロキラプトルが自分よりも大きく巨大な恐竜を獲物にしていたのは間違いありません。

画像「ヴェロキラプトル」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.or

プロトケラトプスとの戦闘シーンが化石に!

当時の中国は、トリケラトプスの祖先にあたるプロトケラトプス(2.5m程度)などヴェロキラプトルよりも大きく、しかも重い恐竜がいましたが、食物連鎖の中心にいたのは、このヴェロキラプトルでした。事実、プロトケラトプスの頭部に、カギヅメを振り下ろしている決定的瞬間を捉えた化石が発掘されています(この化石の見解について反対意見もあります)。


ニューヨーク自然史博物館 画像「ヴェロキラプトル」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.or

キリングクローで一撃必殺

驚異的な運動能力はスピードだけではありませんでした。太く強力な足爪を使い、高くジャンプして、草食恐竜の背中に飛び乗り、あの有名なキリングクロー(かぎづめ)を上から下に押し下げ食い込ませることで、脊柱や首などに大ダメージを与え、一撃必殺でしとめていたと考えられています。

このキリングクローのすごさは、その構造にあります。普段は、大きなカギ詰めはジャマになるため、地面につかないように持ち上げておき、いざ戦いとなり、とび蹴りを行うときだけ、持ち上げていたかぎづめを、あたかもカマのように振り下げていたと言われています。

現生の生物にこれほどまでに、戦うことに特化した武器をもったものは早々におりません。うまれながらにして、人間が手にカマを持っているようなものです。

この戦闘に特化した体の構造から、白亜紀のハンターと呼ばれているのです。

画像「ヴェロキラプトル」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.or

最新情報

Loading...

注目のコンテンツ
精巧レプリカ販売
恐竜のフィギュア
プレゼントにおすすめ!化石15個セット
化石セブンのスマートフォンサイト
化石セブンの最新情報はこちらから
隕石販売
イギリス産虹色アンモナイトを
一級品三葉虫
交渉可能商品
無料ラッピング
10分で分かるコレクターのための琥珀バイブル
買取り・下取りで化石を安くゲットしよう!!
注目のコンテンツ
化石セブン
化石のプレミアム情報
恐竜 化石 イベント レンタル
3d 恐竜
教育用 化石 セット
化石 プレゼント
化石の保存方法
地球史年代表
化石 発掘
メールについて
フェイク 化石
化石 ミネラルショー 恐竜展